国際結婚の婚活も人気

国際結婚の婚活も人気

日本社会における婚活

増加する国際結婚の実態

最近では国際結婚を望み、婚活を海外で行なう人も増えています。

日本人と外国人の結婚は1960年代には4,000~5,000件でしたが、1980年代後半から急増し、1989年に20,000件、1999年に30,000件、2005年には40,000件を超えました。

婚姻数全体に占める国際結婚の比率は、実数以上に大きく上昇しています。

1970年代には1%を下回っていた国際結婚の比率は、1989年には3%を上回り、2005年には5.8%とほぼ17件に1件は国際結婚となってます。

日本に在住している外国人は約200万人と総人口の2%以下であるのと比較しても、国際結婚の比率はかなり高いと言えます。

日本の過疎化する農村部では嫁不足が起こっていますが、都市でも晩婚化が進み、結果的に結婚しないことから男女ともに、理想の相手に巡りあう機会が少なくなりました。

また、日本人の女性が外国人を夫にする場合よりも、日本人の男性が外国人を妻にする方が急増しています。

以前は外国人の妻の国籍は在日の韓国人、朝鮮人がほとんどでしたが、1992年以降はフィリピン女性が最多となり、1997年以降では中国人女性が最多と移り変わっています。

一方、外国人の夫の場合は1970年までは米国人が最多でしたが、1971年以降は在日の韓国人、朝鮮人の男性が最多となった後、1996年からは減少に転じ、それに代わって、中国人を始めとした多種多様な国の男性との結婚が大きく増加しているのが目立っています。

国際結婚の婚活は積極性が必要

国際結婚の婚活をする場合、在日している外国人とコンタクトを取るケースと、日本人との結婚も考えている海外在住の方と出会うケースの2パターンがあります。

需要が高いのは後者の方で、海外在住の方との出会いを国際結婚を仲介している結婚相談所が提供します。

日本の結婚相談所は親身になって対応してくれるところが多いのですが、国際結婚となると、基本的にお見合いまでお任せではあるものの、その後は自分の力で話しを進めていく努力が必要です。

そのために国際結婚でお見合いを何度も行なっているのに、結婚する相手が決まらない人もいます。

国際結婚の結婚相談所に登録することで結婚できると勘違いしやすいのですが、1人の異性を生涯の伴侶にするのですから、日本と同様に言葉だけではないコミュニケーションは欠かせません。

中には自分から何もせずに結婚相談所の対応が悪いからとクレームを投げる人がいるのは残念な結果ですが、そのような方は一握りに過ぎず、国際結婚をする方は急激な増加傾向にあります。

日本での国際結婚の婚活

結婚相談所に登録されている外国人は身元が保証されているので、純粋に他国に在住の日本に興味がある外国人です。

海外に在住の外国人と出会い、お付き合いを経て、結婚まで到るには、結婚相談所を通さないと、一般的には厳しいかもしれません。

結婚相談所ではお見合いするための渡航、交際のための渡航、結婚の申請に必要な渡航の手続きをしてくれ、結婚に到った際もビザの発行から、公的な手続きまでサポートしてくれます。

一方、日本で婚活をして、国際結婚をするという人もいますが、登録している外国人が少なく、条件に合う相手を見つけるのは難しいかもしれません。

ただし、費用は外国に行く国際結婚の婚活が100万円を超えるのに対して、国内で行う場合は半分以下で済むことがほとんどです。

また、国際結婚はお互いの立場を理解し、サポートしあえるのがメリットとなっています。仕事に対しても理解が得られ、育児にも積極的に協力してくれるイメージが強いです。

日本の男性、女性は親との同居を嫌がる傾向が強いですが、例えば、中国などでは親との同居は当たり前という考え方を持っています。

さらに日本の女性は男性に希望する条件が厳しくなってきており、男性も求める女性像が狭まってきていますが、外国の女性も男性もまずは出会うことから始まり、条件も日本人のようにピンポイントではありません。

国際結婚を希望して婚活をするなら、自分をしっかりアピールし、相手を思いやれる広い心がある人が好まれます。相手に求める条件だけを考えるのではなく、相手に合う人になれるのかを把握しながら婚活を行なうのが大切です。

国際結婚専門の紹介所もありますが、日本と同じく結婚相談所は会社によってシステムや料金が違いますので、事前に良く調べてから利用するようにしましょう。

晩婚化が起きる原因

晩婚化が起きる原因

日本社会における婚活

日本人の結婚年齢の統計

日本を始めとした先進国では晩婚化の傾向にあり、日本人が結婚する平均年齢は女性が27.4歳、男性が29.3歳となっています。

日本ではさらに晩婚化が進むと予想されており、10年ほど前と比べると実に2歳以上も結婚の平均年齢が上がりました。

逆に夫婦の年齢差は1950年には2.9歳だったのが、1.9歳まで収縮されました。男女に社会的格差、一歩後を歩くような上下関係が見られなくなってきたのも要因の1つです。

一方、相手に希望する年齢は女性が男性に対して29.5歳、男性が女性に対して26.3歳となりました。

希望する年齢差は3.2歳で、夫婦の年齢差の平均との差が開いており、男性が若い女性を好む傾向であるのがわかります。

数字で見るとわかりますが、結婚する年齢は明らかに上昇しており、女性の社会的自立、日本経済の悪化、得失感情の変化などが影響しています。

女性の社会的地位の確立

日本で晩婚化が進んでいる最も大きな要因は、女性も社会で活躍する機会が増えたことです。

高校を卒業してから結婚を意識し始める人もいますが、仕事のことを考えて、結婚を控える女性が顕著に増えてきました。

決して否定的な現象ではなく、女性も頑張り次第によっては地位が得られますし、給料も男性を上回るのが当たり前となりつつあります。

その結果、仕事に対する責任感も強くなり、結婚することで育児問題が出てくることを避けるために晩婚化が進んでいるとも言えます。

子どもが生まれれば仕事を休まなければなりませんし、与えられる仕事がこなせない状況も出てきてしまいます。

男性が育児に協力的な場合は良いのですが、仕事に専念する男性の方が多いです。男性も育児休暇を取得するケースがありますが、育児休暇はまだまだ浸透しておらず、1%に満たないわずかな人しか利用していません。

女性も男性も平等に育児に参加し、仕事も両立していける環境にあれば、晩婚化の傾向は減ると予想されています。

経済状態が不安定な状態

例えば、先ほどの女性が育児に専念する間でも、育児手当が充実していない場合は生活費を男性の給料に頼むしかなくなります。

不景気の時代で1人暮らしも大変と言われている中、家族全員を養える余裕が無いという不安も晩婚化を進ませる要因となっています。

十分な蓄えを作って、安心して結婚ができる状況になってから結婚を考える人が増えているので、格差社会が広がっている日本において、晩婚化はさらに進むはずです。

子どもに対する手当てが日本は比較的に少なく、子どもを産みたくても産めない方もいます。

2006年には出生率が1.32にまで落ち込みました。出生率が2.07より低くなると、人口減少、人口高齢化の促進につながります。

人口が減少傾向になると労働人口も少なくなり、逆に全人口に対する高齢者の割合が増えますので、経済的な負担の増加は避けられません。

児童手当を増額したり、託児施設を増設したり、産婦人科の医師を増員する必要があるのですが、子どもへの財源はカットされ、保育園と幼稚園は足りず、産婦人科は医師不足でなくなりつつあります。

安心して子どもを育てられる日本になることを切実に願っています。

結婚が幸せとは思えない

以前はある程度の年齢になると独身でいるのが恥ずかしいとされてきました。

「結婚もできないなんて…」と思われることから、「早く結婚しなくてはいけない」との焦りが婚活を促していました。

結婚していないことで会社での影響力も変わります。結婚したから、子どもが生まれたから昇進するというのも、終身雇用が確立されていた日本では良くある話でした。

しかし、最近では独身が恥ずかしいことではなくなりましたし、会社でも未婚、既婚に関係なく採用されるのが当たり前となっています。

死語になりつつありますが「独身貴族」という言葉が生まれるほど、独身の方が自由な生活ができますし、理想的に暮らせると考える人も増えています。

結婚にない未婚生活の利点としては、男女とも「行動や生き方が自由」を約70%が挙げています。

この状態を改善するためには、仕事をしていても育児に追われない育児休暇の拡充、子どもを産むことが家計を圧迫しない手当ての充実などが必要です。

増えてきたお見合い結婚

増えてきたお見合い結婚

婚活日記による体験談

見下されなくなったお見合い結婚

寺門真美さん(仮名)  32歳  女性  既婚  旅行会社勤務

私は29歳のときにお見合いをして、今の旦那と知り合って結婚しました。

2人とも何度かお見合いを重ねた経験があり、ようやく理想の相手に出会えたことで、今ではお互いに幸せを感じて暮らしています。

しかし、馴れ初めを聞かれたときに「お見合いです」と答えると、「ああ、お見合いなの」という雰囲気になったことがありました。特に初対面の方では顕著であり、お見合いを他人に知られるのが億劫になったこともあります。

ただ、最近は違った傾向が見られるようになってきました。理想の結婚相手に出会え、充実した結婚生活を送っていれば、お見合いでも恋愛結婚でも関係ない感じです。

「婚活」という単語が世間に認知されたことが原因だと思います。以前は恋愛結婚された方がお見合い結婚よりも格上のような感じでしたが、友人の中には医者や弁護士と結婚した方がいます。

私が置かれていた環境では決して話すこともない素敵な男性と積極的に出会って、めでたく結婚できたのならお見合いでも何も抵抗はありません。積極的な婚活は就活以上に幸せを左右する人生のイベントでしょう。

親が頑張ってしまう婚活事情

親が頑張ってしまう婚活事情

婚活日記による体験談

息子と娘を心配する親と反発

大和田公子さん(仮名)  45歳  結婚相談所勤務

結婚相談所に勤務していると、婚活中の女性、男性だけではなく、年頃の娘、息子の結婚を心配する親御さんからの電話がよくかかってきます。

父親ではなく、大抵は母親です。私も3人の娘を持つ母親ですから、お気持ちはよくわかります。

本人が嫌々なのに無理に手を引っ張って、直接、結婚相談所にいらっしゃる方もいて、相談員のアドバイスを第一に、結婚するまでの過程について、子よりも親御さんの方が熱心さが伝わるほどです。

しかし、当の本人は不機嫌であることが表情から読み取れます。結婚相談員をやって、11年になりますが、親子連れですとあまり和やかな雰囲気にはなりません。

婚活をしにきたのに、「自然な恋愛ならまだしも、お見合いで結婚とかあり得ない」と結婚相談所の否定から入る方も多いです。

今までも親戚、知人を通じたがお見合いを経験している末の結婚相談所ですので、誰かの紹介は恥ずかしいことであるのを払拭しきれないのもわかります。

結婚できていない理由は人それぞれで、女性の場合は仕事に打ち込んでいて、プライドや見識を持っている方もいます。結婚を誰かに頼ること自体に納得がいかず、結婚相談所に良いイメージを抱いていないのは残念です。

「恋愛結婚しかしたくないし、作られた条件のある結婚に興味はない」

価値観はごもっともですが、結婚のプロとしては、結婚相談所でのイベントやパーティに参加するのと、日常生活での恋愛との差を感じないことを体験して欲しいです。

さらに相談員の紹介でも出会ってしまえば、紹介はきっかけに過ぎず、将来に何ら影響を与えないことを伝えたいです。

婚活は結婚相談所で理想の条件に合う異性との出会いを増やし、相談員が全面サポートを受けるのが一般的ですが、「結婚をするために婚活をしなくてはいけない」と思わせるのも、結婚相談所の使命と思っています。

ただ、そこそこの年齢になった独身の方は親にこうは思われたくないと、本音で語っています。

「自分で結婚相手も見つけれらない」
「彼氏、彼女がいない時点でかわいそう」
「何でもかんでも、ついには結婚まで親の世話が必要」
「好きな人でも、本当に素晴らしい相手が見極めができない」
「世間ではモテない子で、魅力的ではない」

親御さんからそう思われていると思っている状態で、結婚相談所まで認めたら、プライドが高くなくても、自己意識で許せないのです。

もし、親御さんで「結婚相談所に入会させてでも結婚させたい」と思っているのであれば、息子さん、娘さんのプライドを傷つけないように、結婚相談所は不自然ではなく、婚活ができる素敵な場所だと伝えることから始めて欲しいです。

逆に息子さん、娘さんは親の言いなりと考えずに、結婚には恋愛が必要で、恋愛には出会いが必要です。数も多く、質も高い出会いなら結婚相談所を選択肢の1つに入れて欲しいです。

もし、「そのうち出会いがあって、結婚もできる」と考えている方が結婚できていれば、「婚活」という言葉は生まれてこなかったはずです。一生独身にならないためにも、結婚相談所に相談だけでもしにきてくれれば嬉しい限りです。

オーネットで結婚・恋愛力を無料診断!

真面目な出逢いはマッチ・ドットコム!

男女ペアのボーリング婚活

男女ペアのボーリング婚活

婚活日記による体験談

爪が汚い男性は敬遠してしまう

曽我怜奈さん(仮名)  27歳  医療関連勤務

女性と男性で結婚相談所を利用する意識にズレを感じることがあります。私は婚活をして1年を過ぎました。元々、短期で出会って、すぐに結婚したいわけではなく、結婚相談所で婚活をして、たくさんの男性に出会ってから決めたいと思っています。

結婚相談所ではレストランを貸しきったパーティに参加することが多く、確かに「好みかも!?」と思う男性にも会います。

その一方で「これはないよ…」と失礼ながら思ってしまう男性にも会うのです。私が男性で真っ先に見る部分は手です。本当は心を一番に見たいのですが、外見で内面を見抜けるように頑張っています。

以前、ボーリング合コンにいったときには、男性の手を見る機会が多く、特にそう思ってしまいました。

まず手が毛むくじゃらなのは、若干引いてしまいます。これは好みの問題で、その男性が悪いわけではないのですが、太っている人と痩せている人が嫌いなのと同じレベルで、毛が濃いのは一歩後ずさりしてしまうのです。

わがままですが、少しでも剃っていてくれたら、女性が入念なメイク、髪にも服にも気を使っているので、男性にも女性を惹きつけるように気を使って欲しいところです。

毛が濃いのは人それぞれですが、見た瞬間アウトなのは爪が汚い人です。清潔感がないのは、女性なら誰もが忌み嫌うのではないでしょうか。

「爪が汚いなら、だらしないんだろうな…。仕事もできると思えないし、私を大切にしてくれるはずがない」とまで、妄想をしてしまいます。

歯が汚れているのも同様ですし、息が臭い、服が臭い、何か臭い人もいます。女性が結婚相手に求めるのは、運命の手前に清潔感です。顔がかっこ良くなくても、清潔感があると素敵に見えると私は思います。

そのような男性と出会い、交際の手前までいったのですが、ご縁がなかったようで…気持ちを切り替えて、今も楽しんで婚活をしています。

運命のボーリングパーティに感謝

佐原真二さん(仮名)  33歳  情報システム勤務

無事、結婚相談所に退会届を出すことになりました。結婚相談所のボーリングパーティで同じチームになった彼女とは、最初から惹かれあうものがあり、運命的な出会いだったことは今だから言えることです。

3月からスタートした婚活ですが、何らかの事情で始めることができなかったら、今の自分はなかったと思うと、出会いの大切さを改めて感じる次第です。

結婚相談所の相談員の方のアドバイスやフォローに基づいて、私が行動を起こさなかったら、2人も結ばれることはなかったかもしれません。

過去に背負ってきたものが多いだけに、新生活の立ち上げが予想以上に大変で、毎日、物と物事の片付けに追われています。

そんな状態でハネムーン気分ではないですが、結婚式の準備は意外と忙しく、嬉しい悲鳴と実感しています。ここでの多くの出会いに感謝し、これからの皆さんの幸せを願っています。

オーネットで結婚・恋愛力を無料診断!
真面目な出逢いはマッチ・ドットコム!