高収入で成婚率が上昇

高収入で成婚率が上昇

日本社会における婚活

収入は現実的な判断基準

高収入の方がモテる、結婚しやすいというのは、必ずではありませんが事実ではあります。

婚活で結婚相談所を利用するとわかりますが、女性が希望する男性を検索する際には年収を選ぶことが1つの判断材料になっています。

そもそも、結婚相談所には審査があり、定職についていないと入会できませんし、一定の収入以上の方だけの限定的な結婚相談所もあります。

現実的にお金は結婚を左右します。日本で晩婚化が進む原因には格差社会があり、収入面から家族を養える自信がないので結婚しない人もいます。

また、お金があることは心にもゆとりができやすく、相手の気持ちを理解し、優しい包容力があると思われることもあります。

お金があるということで、生活面にも余裕ができますから、結婚しても苦労することが少ないだろうと考える人も多いようで、高収入の方がパートナーとしての選択肢になりやすいです。

しかし、低収入だからといって、婚活し続けても結婚ができないわけではありません。

お金と結婚するわけではないです。結局はお互いがときめき、この人しかいないと思える瞬間が訪れるかどうかです。

お金はあった方が良いと考える

男性が若い女性を好む傾向があるように、女性は収入が安定している男性を好みます。

高収入の方はお金を持っている以外にも、色々なことに挑戦する傾向が強く、好奇心が旺盛であるとも思われやすいです。たくさんの事に挑戦する精神も魅力の1つになります。

色々な分野で幅広く活躍することで人脈も広がり、人の話しを上手に聞くこともでき、笑顔で接することができるとの印象を持たれます。

お金があるからだけではなく、お金を稼げる人だから楽しく生活できると判断されることもあります。

仕事で成功している人は恋愛でも成功しやすいとも捉えられます。

結婚相談所でも収入面で安定している方が、多くの女性が目にする機会が多いことは、結婚相談所で働いている方に伺っても同じ認識でした。

以上のことはあまり強く言及できる内容ではないですが、婚活をしている大多数の女性が結婚相手の条件の1つとして、収入が安定している人を挙げています。

収入は婚活でのアピール要素

高収入というだけで出会いの場が広がるのは否定できません。もちろん、高収入というだけで結婚を決める人はいないと思いますが、有利なのは間違いないです。

お金に余裕があるのなら、人に対しても良き理解者となるために心が磨かれている方だと嬉しい限りです。

男性の中には結婚をしたいけれども、余裕がないので蓄えを十分作ってから婚活しようと考えている人もいます。

高収入の人は蓄えを作る必要がないので結婚に踏み切りやすく、結婚する可能性が相対的に上がります。

お金があることを全面的に押し出さずに注意をすれば、将来性のある職に就いている、給料が安定している、高収入であるのは婚活でのアピール要素になります。

不景気な時代だからこそ、高収入の方がより結婚しやすくなっています。仕事でも家庭でも成功を収めることができるよう、自分を磨きながら蓄えを増やしていける人は人気です。

ただ、結婚とはそう単純な仕組みではないのも注目すべきところかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です