婚活は短期間を繰り返す

婚活は短期間を繰り返す

結婚相談所の選び方

結婚相談所で粘るのは損

婚活で結婚相談所を利用し、もし1回目で気になる人が現れ、すぐにお付き合いとならなくても、デートを重ねているのであれば、結婚相談所の役目は80%完了しています。

高いお金を支払って入会した結婚相談所ですので、1回で決めるのはもったいないと考える心理は否定できませんし、1回目でこんな素敵な出会いができたのであれば、もっと回数をこなせば選り好みができると思うかもしれません。

しかし、一番最初に結婚相談所で紹介された人は、最も自分の理想に近い人です。

婚活をしている方の多くは「恋をする相手が現れない」「周りに自分と合う人がいない」「もっと積極的に恋愛をしたい」と、まずは出会いを求めています。

結婚相談所で出会えるだけでも日常にはない確率で結婚に近づいているのは事実であり、お互いが理想の相手に出会えたのであれば、後は2人の仲がじっくりでも急速にでも縮まっていくだけです。

結婚相談所を利用した目的は理想の条件の異性と出会い、結婚することですので、結婚相談所は出会えた時点で大きな役割を果たしています。

結婚アドバイザーの結婚できる人

会員が数万人いたとしても、自分の条件に合い、タイミング良く相手も婚活中で、お見合いに申し込んだら快く承諾され、実際に会って惹かれあうことができる人が、そう何人もいるわけではありません。

妥協しないのが大切と勘違いし、もっと上へ、もっと上へでは人間の欲望のようにキリがなく、いつしか婚活慣れしてしまう可能性もあります。

結婚アドバイザーの方もそうですが、データを集計してみると、意外と1~3回以内のお見合いで結婚に結びつく人が1番多いです。

最初のお見合いで決めるのはもったいないと始めから認識しているのであれば、パーティーやイベントに参加したり、同時に複数の人に会う機会を設けることで、どこか燃焼できなかった気持ちもスッキリすると思います。

少し長引きそうなら休憩する

婚活は早く理想の相手に会える方が成功しやすいわけではありません。

婚活をすると決めた人でも、早さを求めるのではなく、多くの人と出会うことを目的とし、婚活を楽しむことに重点を置いている人もいます。

結婚相談所に登録をすれば、自分の理想に近い人を閲覧できるのは楽しいですし、素敵な異性とパーティやイベントでお話できるのは嬉しい限りです。

婚活は就活のように必ずしも期限が定まっているわけでもないですし、決して焦りを感じるような窮屈な活動ではありません。

「好みのタイプに出会うことはできるのですが、交際に発展しません」
「お見合いを繰り返しても、ときめくことがないです」
「結婚相談所に通って6ヶ月ですが、結婚する気配がありません」

結婚相談所は出会いの条件に恵まれ、お見合いの申し込みもきますし、自分からも活動できます。例え、結婚する確率が高くなっても、いつ恋に落ちるのかわからないのと同じように、この日に結婚すると決めることはできないです。

今回は自分が悪いわけではなく、巡り合わせが良くなかった考え、一時的に結婚相談所を活用した婚活をお休みします。

結婚相談所の多くは交際期間中や自己都合によって、婚活を休止している間の活動費は不要です。

「仕事が忙しくて恋に集中できない」「恋愛の流れが良くない」「少しモチベーションが低下した」と判断できる場合も、結婚という人生の大きな変化に逆らうことはありません。

精神的に負荷がかかるような無理はせず、タイミングを見計らって婚活をしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です