勧誘を簡単に断る方法

勧誘を簡単に断る方法

結婚相談所の選び方

良質な結婚相談所でも勧誘はある

結婚相談所も慈善事業ではないので、勧誘してくることがあります。

資料請求や説明を聞きに結婚相談所を訪問し、入会をせずにいると後からメールや電話がきたり、いつまでも自宅に資料が郵送されてくることも少なくありません。

婚活もしたいときと一旦、休憩したいときがあるように、自分のモチベーションに波があると思います。

そこで結婚相談所の勧誘を断るためには「他の結婚相談所に入会しました」と連絡するのが有効です。それでも勧誘が止まらないときは「結婚しました」と思い切って伝えてしまいます。

ほとんどの結婚相談所では見込み客ではなくなったと判断し、それ以上の勧誘はしてこないです。

入会後のアドバイザーの勧誘

多くの結婚相談所は担当者が付いて、アドバイス、カウンセリング、相談を受けながら、親身にお世話をしてくれます。

しかし、その過程でパーティやイベントへの参加を勧誘してくる場合があります。確かにパーティやイベントへ参加した方が高い成婚率になりやすいのですが、追加費用が発生します。

入会金に加え、月額費が比較的高額であれば、参加費が無料というところも多いですが、特別なお見合いパーティーなどの参加費は男性が8,000円、女性が5,000円といった具合で実費がかかります。

結婚相談所のアドバイザーの中には結婚相談所に入会した途端、パーティーやイベントに参加させることに熱心になる方がいます。

心底で理想の相手を見つけようと一生懸命になっているのではなく、入会してすぐに結婚、そのまま退会していく人より、できるだけ婚活を長くしてもらい、パーティやイベントに参加してもらった方が利益になるからです。

自動車教習所で「短いお付き合いにしましょう」とキャッチコピーを設けているところがありますが、結婚相談所は追加費用を獲得しやすいために、必ずしも本心ではないことがあります。

1回は参加した方が出会いが格段に広がりますが、1ヶ月に何度も何度も参加しないように、焦らずにじっくり婚活を進めていけるようにしましょう。

勧誘が多いアドバイザーには「焦らずに出会いを広げていきたいです」「お見合いパーティーへの参加は月に2回と決めています」といったように、自分の婚活の意向をきちんと伝えることが大切です。

成功報酬のある結婚相談所がお得

勧誘が重荷に感じるのは相手に誠意が感じられないからです。

結婚相談所も売上や利益がないと運営できないので、当然ながら社員には目標やノルマが課せられています。

利益を得るために入会促進をするのは構いませんが、入会した後に退会させない方が利益になるのでは、せっかくの結婚相談所に対して利用者が不信感を抱きかねません。

そのため、婚約が決まったときに成婚料を払う成功報酬を導入している結婚相談所があります。

入会金、会費、参加料に加え、成功報酬まで取られるのは損をしているように感じます。

しかし、入会金が通常10万円かかるところを5万円にして、成功報酬が5万円であった方が良心的です。

婚活中の方の気持ちに応えるべく、成功報酬をあえて設けている結婚相談所があります。早く結婚して欲しい一身で、親身にアドバイスをしてくれるのは嬉しい限りです。

本当に自分の婚活ために動いてくれているのであれば、パーティーやイベントのお誘いにも心がこもっています。

勧誘の断り方、成果報酬のある結婚相談所の良さを認識したら、次は入会審査がしっかりした結婚相談所を選ぶことについてです。続きは厳しい入会審査が大切で紹介します。

真面目な出逢いはマッチ・ドットコム!
ツヴァイで結婚・恋愛力を無料診断!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です