入会審査と一時休止で比較

入会審査と一時休止で比較

結婚相談所の比較

数より質で決まる入会審査

多くの結婚相談所の入会審査には年齢制限が設けられています。

厳しい入会審査が大切でも紹介したとおり、あまりに緩い審査では出会い系のような遊び目的の人も集まりやすいですし、恋愛相手を探したいだけで真剣な結婚を考えていない方も入会できてしまいます。

結婚相手を探す目的を持った人に出会うことが婚活です。

そのため、職場での恋愛ではなく、単なる合コンではなく、友人や知人の気軽な紹介でもなく、結婚を前提とした理想の相手を見つける結婚相談所が必要とされています。

結婚相談所では男性は20歳以上、女性は18歳以上といったように、必ず年齢制限が設けられています。男性は33~39歳、女性は29~35歳が最も多く、男女とも18~22歳の会員はほとんどいません。

ただ、体験談を見るとわかりますが、38歳と28歳と年が離れていたり、女性が年上であったり、26歳と25歳と若いカップルもいます。

恋愛に年齢は関係なく、結婚もまた同様ですので、年齢は気にし過ぎない方が良いかもしれません。

入会審査には市区町村で発行される独身証明書、源泉徴収票や給料明細などの収入証明書、学歴を証明する卒業証明書か卒業証書のコピー、本人確認の免許書かパスポート、写真が必要になります。

入会の際に理想の異性の条件を指定しますが、結婚相談所がその条件に当てはまる方を複数人以上、紹介できない場合は入会できません。

逆に若い方、年配の方、再婚の方、地域を限定したい方などは不問であることがほとんどです。

会社名 入会審査 一時休止
サンマリエ (1)男女共に20歳以上
(2)規定による審査有り
OK
ノッツェ
(NOZZE)

(1)男性は20歳以上、女性は18歳以上
(2)規定による審査有り
OK
オーネット
(O-net)
(1)男女共に20歳以上
(2)男性は定職と定収入がある方
(3)初婚、再婚は不問
OK
ツヴァイ
(ZWEI)
(1)男性は22歳以上、女性は18歳以上
(2)初婚、再婚は不問
OK
ラウンジメンバーズ (1)男性は20~45歳くらい、年収500万円以上、大卒以上
(2)女性は20~37歳くらい、高卒以上
OK
パートナー
エージェント
(1)男性は26~54歳、女性は26~44歳の方
(2)男性は一定の安定した収入がある方
(3)関東、関西在住の方
(4)規定による審査有り
OK
キューピッド
クラブ
(1)男性は25~40歳、女性は20~35歳の方
(2)男性は大卒以上、女性は短大卒以上
(3)男性は安定した企業に勤務
(4)タバコを吸わない方
(5)首都圏在住の方
(6)規定による審査有り
OK
誠心(SEISHIN) (1)女性は20歳以上で書類審査を通過した方

(2)男性は24歳以上

(3)男性は指定の職業・大学卒業者、基準の年収以上

(4)東京倶楽部の男性は、医師、歯科医師、東京大学、慶応大学、早稲田大学の卒業生、年収1,000万円以上のいずれかに該当する方のみ

(5)バレンタインクラブの男性は、医師・歯科医師のみ
OK

入会審査と一時休止で比較したおすすめの結婚相談所

キューピッドクラブのように首都圏在住と限定している結婚相談所は、結婚相談所の実店舗自体が地方に分散されていないだけです。

例えば、相手のプロフィールと写真を見て、全然気にならなかったのに、双方を良く知っている相談員の方がお見合いを勧めてくれた結果、結婚に到った人は多くいます。

インターネットのデータだけでは人柄は伝わりません。結婚仲介の経験が豊富な相談員に直接会って、自分の希望と気持ちを伝えることが結婚に結び付きやすいです。

そのため、結婚相談所は近くになく、相談員と会えないのはプラスになりませんので、結婚相談所側も入会条件に居住地を絞っていることがあります。

女性はほとんどの方が入会できますが、パートナーエージェントのように男性に一定の収入を求める結婚相談所では、男女比が4.7:5.3と女性の方が多くなります。

オーネット(O-net)ツヴァイ(ZWEI)も同様に女性の割合の方が多いのですが、さらに初婚、再婚を問わず、再婚の方には再婚しやすいシステムが確立されていると男性よりも女性の割合が増えやすいです。

また、「規定による審査有り」としているのは、どの業界にもブラックリストはあるもので、全ての条件をクリアしていても、独自の規定で入会を拒否する必要があるためです。

ブラックリストになる方は過去に何らかのアクシデントを起こしている方、年収を証明できても多重債務などがある方、もしくは結婚相談所の裁量で結婚は難しいと判断できる方です。

ただ、誰でも結婚できる権利があるように、入会条件をクリアしているのに、審査に落ちることはまずありえません。

最後に一時休止についてですが、本格的な交際を始めたのに婚活をし続ける人は少ないです。

急な出張や転勤、病気などで婚活を続けられないことも想定しているため、ほとんどの結婚相談所は一時休止中に活動費を支払うことはないです。

純粋に積極的な婚活をして、結婚をしたいと望んでいれば、結婚相談所は全力であなたの結婚を応援してくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です