結婚するためにロールモデルがいなければビジョンが見えない

それまで私が結婚について否定的な想いを抱いていたのは、いいなと思えるロールモデルを見たことがなかったからでした。思えば、どんなことでも、こうなりたいと思えるモデルに出会ったことがなければ、なりたい姿をイメージすることはできませんそれは結婚においても当然です。

私はそのモデルを見たことで、結婚するならこういうカップルになろうと具体的にイメージすることができるようになったのです。実際に結婚したいと思ったのも、この相手とだったら、自分が描いていたような結婚が実現するに違いないと思えたからです。

目指すべき姿を見つめることができなかったら、恋愛をしょうがなんだろうが、どこに向かえばいいのかわかりません。繰り返しますが、私たちは2介に一組が離婚する国に住んでいます。

右を向いても、左を向いても離婚している人に出会います。本当に多いなと実感します。離婚こそしていなくても、結婚生活に不満を抱いている多くのカップルに出会います。

ファミレスやカフェで耳を澄ませば、女性たちの話し声が聞こえてきます。だんな彼女たちは大きな声で「うちの旦那なんてこうよ」と夫の悪口を言い合って笑っています。

「わたしたち、結婚することになりました!」と若いカップルが言うと、既婚者たちおめでとう。今が一番良い時よ」は決まって言います。「わあ、これは一体どういう意味でしょう?「結婚したら今より良くならない」という意味です。

「なにも知らない今が一番いいんだよ。今のうちだよ、喜んでいられるのは:・」と言っているのです。そんな現実を見て、ますます結婚に希望を失いかけている多くの人たちに出会います。ですから、人々は良いロールモデルを見る必要があります。

結婚に対して前向きで希望が持てるようなメッセージを発する模範に。だからこそ、私は心に決めたのでした。自分たちを見て、人々が「結婚したいな」と思えるカップルになりたいと。これが私たち夫婦がスタートしたときの目標です。

そして、幸い、今は多くのカップルが言ってくれます。「マレさんと久美子さんのようになることが目標です」と。私たち夫婦にとって、これほど大きな喜びはありません。まさにそれを目指してスター卜したのですから。

■お父さんじゃないの?私も、結婚という響きによい意味を見いだせずに育った一人です。それは、元を正せば、小学生の頃の幼なじみの一言から始まりました。

私たちは学校の同じクラスで、まるで兄弟のようにして育った文字通り「親友」と呼べる関係でしょう。親友の彼には私の父よりもずっと若く、優しくて冗談ばかり言って人を笑わせているお父さんがいて、みんなそのお父さんのことを「げんちゃん」と呼んでいました。

私はげんちゃんのことが大好きでした。いつものように学校帰りに私は彼の家に泊まりに行きました。それは、実のところ、げんちゃんとトランプをやったり、手品を見せて貰ったりするのをある日のこと、楽しみにしていたからでした。

ところがその日に限って、げんちゃんが帰ってこないのです。いつもは私たちが寝る時間になる噴までには帰宅していたのに、待てど暮らせど帰ってきません。そこで、私は親友に聞いてみることにしました。

「今日はげんちゃん遅いね」すると彼が答えました。「今日はこないよ」「こない?それってどういう意味?」「家に帰ってる」「え?何それ?」私は彼の答えが理解できずに食い下がりました。「家に帰ってるんだよ」「だって、ここが家じゃないの?」「違うよ。

別のところに家があるんだ」「何それ?」「他に家があるし、子供もいるんだよ」「なんで?げんちゃんはお父さんでしょ?」それまで私が一度もきいたことのない言葉を口にしたのです。「違うよ。げんちゃんは愛人だよ」

ツヴァイとパートーエージェントの結婚相談所比較

私が選んだ結婚相談所

私が選んだ結婚相談所

結婚相談所の比較

婚活は出会いが増えることが前提

私も複数いる友人の職場も小規模で、仕事で関わる人数も限られています。

同様に結婚できない人の多くも、少人数か同性が占める職場で働いていることが多く、出会いの絶対数が少ないのが共通しています。

出会いが少ない方は友人や知人の紹介が有効ですが、現在では親戚や地域からのお見合い話も減少していて、一方では成婚する確率が低い合コンには参加する傾向が増えています。

また、恋愛と結婚の差別化が激しくなることで価値観に差が生じ、年収、年齢、外見、趣味、精神面などで相手に求める条件が厳しくなりました。

女性の積極的な社会進出は良いことなのですが、独身主義が増え、晩婚化が進んだ要因でもあります。

子どもの頃から家で遊ぶ機会が多く、ゲーム、インターネットの普及から閉塞的な空間に中で満足しがちになります。顕著なのが20歳代で海外に何度も旅行に行く人が極端に減っていることです。

そのために対人、特に異性に対しての積極的なコミュニケーションを取れる方も少なくなりました。

非正社員の上昇、不景気の煽りを受け、経済的な格差は拡がり、結婚する自信がない方もいます。

そのような状況下で結婚できない人が増えるのには納得ができますし、積極的に結婚しようしなければ、いつまでも独身でいる未来が描けてしまいます。

婚活は結婚相談所がベスト

積極的に結婚活動をすることを婚活と呼びますが、婚活は就職活動を模して作られた言葉です。

就活は理想の企業に就職をするために、就職サイトに登録し、情報を集め、セミナーに通い、技術を身につけたり、試験勉強をして、自分を磨いた上で、履歴書書き、スーツを用意し、何度も足で企業を回ります。

婚活も理想の条件に合う異性と結婚するために、服装や身だしなみを整えたり、資格や技術を取って仕事を充実させたり、料理教室に通ったり、エステやジムで体を美しくして、自分を磨きます。

その上で合コンよりも友人や知人の紹介、お見合いに参加したり、さらに結婚相談所、結婚情報サービスに登録し、質の高い出会いを増やしていきます。

就活でハローワークや転職エージェント、就職相談所などサポートしてくるのと同様に、婚活でも結婚相談所で数万人の中から理想の条件に合う異性を探して、アドバイザーのサポートを受けながら、セミナーで婚活の知識をアップしたり、カウンセリングを受けることができます。

婚活で結婚相談所を活用することで、複数人の好みの異性に出会い、パーティやイベントで距離を縮めて、積極的に交際をしていくことができます。

婚活を1年間と決めてみる

婚活してから成婚を決めるまでは約6~9ヶ月の方が多いのですが、1~2年以上も婚活をし続ける方もいます。

逆に結婚相談所に登録して、すぐに結婚相手を決めるのももったいないと思っている方もいるそうで、まずは自分なりに1年間を婚活期間と決めました。

例えば、オーネット(O-net)で1年間婚活した場合、初回入会金が109,800円、月会費14,280円×12ヶ月で171,360円、合計で281,160円です。

ただ、多くの結婚相談所では交際が決まれば、一時休止することができますので、オーネット(O-net)の場合もきっかり1年分というわけではないです。3ヶ月であれば、月会費は14,280円×3ヶ月で42,840円で済みます。

それぞれの結婚相談所には各コースがあるものの、同様に1年分で算出していくと、パートナーエージェントは291,900円、ツヴァイ(ZWEI)は264,990円ほどかかります。

この中でパートナーエージェントが少しだけ高いように思えても、そこには違いがあります。データマッチングだけでは探すことが難しい細かい条件の相手をコンシェルジュが見つけたり、気になる異性へのアピールなどもサポートしてくれます。

結婚相談所の費用は高く感じてしまいますが、個人情報から性格分析システムまで婚活に必要なデータを登録し、マッチングするために理想の異性の条件も登録しなければいけません。

個人情報を徹底管理しながら、独身証明書、源泉徴収票、雇用契約書、卒業証明書で入会制限も行っています。

さらに相談員はマンツーマンで会員のデータを把握し、理想の相手との紹介、セッティングの準備をし始め、全面的に婚活をサポートする体制を整えています。

結婚は就職よりも重要な人生最大のターニングポイントとも判断できますので、積極的な婚活を考えると妥当な価格にも思えてきました。

自分に合う結婚相談所を選ぶ

インターネット上の情報は充実しているものの、資料請求でより綿密に比較することにしました。

高いお金を支払うのもそうですが、結婚に慎重になっていて、真剣な婚活をしたいと思ったからです。

資料請求で嬉しかったのは成婚者の体験談が豊富であったこと、コースが数種類あるので具体的なサービスを知れたこと、無料の婚活説明会への参加ができたことです。

資料請求する際には、無料で婚活に関するテストができる結婚相談所もあります。

結婚チャンステスト

EQ(感情指数)チェック

恋愛診断テスト

などでは、少しずつ結婚に近づいている感覚がありました。

このように資料請求に加え、コールセンターの対応、インターネット上の評判、結婚相談所で働いている知人の情報も加味していきます。その結果、楽天グループの安心さと確かな実績でオーネット(O-net)を選びました。

一方、友人の2人は1人(31歳・女性)がボーリングからクッキングまであるイベントの豊富さとコンシェルジュに定評があるパートナーエージェント、もう1人(35歳・男性)が官公庁や商社も利用するほどの相談員の質の高さとイオングループで上場もしているツヴァイ(ZWEI)で楽しく婚活中です。

広告やタレントだけで結婚相談所のイメージを膨らますことなく、実際に相談員の話を聞きに行ったり、友人や知人、体験者の評判を参考にすることで、自分との相性を判断するのも、積極的な婚活の1つと言えるでしょう。

入会審査と一時休止で比較

入会審査と一時休止で比較

結婚相談所の比較

数より質で決まる入会審査

多くの結婚相談所の入会審査には年齢制限が設けられています。

厳しい入会審査が大切でも紹介したとおり、あまりに緩い審査では出会い系のような遊び目的の人も集まりやすいですし、恋愛相手を探したいだけで真剣な結婚を考えていない方も入会できてしまいます。

結婚相手を探す目的を持った人に出会うことが婚活です。

そのため、職場での恋愛ではなく、単なる合コンではなく、友人や知人の気軽な紹介でもなく、結婚を前提とした理想の相手を見つける結婚相談所が必要とされています。

結婚相談所では男性は20歳以上、女性は18歳以上といったように、必ず年齢制限が設けられています。男性は33~39歳、女性は29~35歳が最も多く、男女とも18~22歳の会員はほとんどいません。

ただ、体験談を見るとわかりますが、38歳と28歳と年が離れていたり、女性が年上であったり、26歳と25歳と若いカップルもいます。

恋愛に年齢は関係なく、結婚もまた同様ですので、年齢は気にし過ぎない方が良いかもしれません。

入会審査には市区町村で発行される独身証明書、源泉徴収票や給料明細などの収入証明書、学歴を証明する卒業証明書か卒業証書のコピー、本人確認の免許書かパスポート、写真が必要になります。

入会の際に理想の異性の条件を指定しますが、結婚相談所がその条件に当てはまる方を複数人以上、紹介できない場合は入会できません。

逆に若い方、年配の方、再婚の方、地域を限定したい方などは不問であることがほとんどです。

会社名 入会審査 一時休止
サンマリエ (1)男女共に20歳以上
(2)規定による審査有り
OK
ノッツェ
(NOZZE)

(1)男性は20歳以上、女性は18歳以上
(2)規定による審査有り
OK
オーネット
(O-net)
(1)男女共に20歳以上
(2)男性は定職と定収入がある方
(3)初婚、再婚は不問
OK
ツヴァイ
(ZWEI)
(1)男性は22歳以上、女性は18歳以上
(2)初婚、再婚は不問
OK
ラウンジメンバーズ (1)男性は20~45歳くらい、年収500万円以上、大卒以上
(2)女性は20~37歳くらい、高卒以上
OK
パートナー
エージェント
(1)男性は26~54歳、女性は26~44歳の方
(2)男性は一定の安定した収入がある方
(3)関東、関西在住の方
(4)規定による審査有り
OK
キューピッド
クラブ
(1)男性は25~40歳、女性は20~35歳の方
(2)男性は大卒以上、女性は短大卒以上
(3)男性は安定した企業に勤務
(4)タバコを吸わない方
(5)首都圏在住の方
(6)規定による審査有り
OK
誠心(SEISHIN) (1)女性は20歳以上で書類審査を通過した方

(2)男性は24歳以上

(3)男性は指定の職業・大学卒業者、基準の年収以上

(4)東京倶楽部の男性は、医師、歯科医師、東京大学、慶応大学、早稲田大学の卒業生、年収1,000万円以上のいずれかに該当する方のみ

(5)バレンタインクラブの男性は、医師・歯科医師のみ
OK

入会審査と一時休止で比較したおすすめの結婚相談所

キューピッドクラブのように首都圏在住と限定している結婚相談所は、結婚相談所の実店舗自体が地方に分散されていないだけです。

例えば、相手のプロフィールと写真を見て、全然気にならなかったのに、双方を良く知っている相談員の方がお見合いを勧めてくれた結果、結婚に到った人は多くいます。

インターネットのデータだけでは人柄は伝わりません。結婚仲介の経験が豊富な相談員に直接会って、自分の希望と気持ちを伝えることが結婚に結び付きやすいです。

そのため、結婚相談所は近くになく、相談員と会えないのはプラスになりませんので、結婚相談所側も入会条件に居住地を絞っていることがあります。

女性はほとんどの方が入会できますが、パートナーエージェントのように男性に一定の収入を求める結婚相談所では、男女比が4.7:5.3と女性の方が多くなります。

オーネット(O-net)ツヴァイ(ZWEI)も同様に女性の割合の方が多いのですが、さらに初婚、再婚を問わず、再婚の方には再婚しやすいシステムが確立されていると男性よりも女性の割合が増えやすいです。

また、「規定による審査有り」としているのは、どの業界にもブラックリストはあるもので、全ての条件をクリアしていても、独自の規定で入会を拒否する必要があるためです。

ブラックリストになる方は過去に何らかのアクシデントを起こしている方、年収を証明できても多重債務などがある方、もしくは結婚相談所の裁量で結婚は難しいと判断できる方です。

ただ、誰でも結婚できる権利があるように、入会条件をクリアしているのに、審査に落ちることはまずありえません。

最後に一時休止についてですが、本格的な交際を始めたのに婚活をし続ける人は少ないです。

急な出張や転勤、病気などで婚活を続けられないことも想定しているため、ほとんどの結婚相談所は一時休止中に活動費を支払うことはないです。

純粋に積極的な婚活をして、結婚をしたいと望んでいれば、結婚相談所は全力であなたの結婚を応援してくれます。

会員数と成婚実績で比較

会員数と成婚実績で比較

結婚相談所の比較

比較できない結婚相談所の数値

数万人の会員数は不要成婚率は決め手にしないでも紹介したとおり、結婚相談所が明示している数値は一概に比較できる判断基準にはなりません。

友人や知人の紹介で出会って結婚する方は、何万人と比較しているわけではなく、2人を良く知っている人が相性が良いと判断しているからです。機械ではなく、人間の感覚が結婚へつながります。

そのために出会いの多さを求める婚活ではなく、堅実な結婚を求める婚活においては、結婚相談所の相談員のサポートが欠かせません。

長期ではなく、短期間で出会い、成婚にいたるのであれば、会員数の多さよりも年間の紹介人数を重視したいです。

結婚仲介のプロが条件に見合った人同士を選び、レストランなどで初めてお話をするお見合い形式であれば、ストレートに結婚に進みやすいでしょう。

逆にイベントに参加しながら楽しく婚活をしたい方は、年間の紹介人数よりも会員数とイベントの内容に注目します。

会員数が数万人以上、多ければ多いほど会員の入れ替わりも多いため、条件を重視し過ぎて、当てはまる人がいなくなる不安もありません。イベントの数も種類も豊富で、出会いのチャンスが広がります。

成婚実績は各社とも公表していませんが、会員の10~30%が結婚できていると予想できます。

理想の条件に合う異性と出会い、結婚を前提のお付き合いに到ったとしても、すぐに結婚はしません。出会って6~9ヶ月で婚姻届を出す人も多いのですが、1~3年ほど付き合い続ける方も多いからです。

そのため、結婚相談所で運命の出会いを果たしても、中途解約し、結婚の報告をしないために、成婚数が実数よりも少なくなりがちです。

結婚式からハネムーン、新居の手配まで、結婚を総括してサポートし、成婚実績を積み重ねている結婚相談所もありますが、他社競合とは正確な成婚実績を比較できないのが現状です。

会社名 会員数 年間紹介人数 成婚実績
ノッツェ(NOZZE)

約40,000人 100名 非公開(交際申込OK数は2007年度で70,877組)
オーネット(O-net) 37,315人(2012年7月1日時点) 72名 94,098人(1989~2011年実績)
ツヴァイ(ZWEI) 約3万6千人(2012年5月時点) 24~72名以上 会員同士の結婚、婚約、交際による退会は3,087人(2009年度実績)
サンマリエ 約24,000人 84名以上 約1,400人以上(2006年度実績)
ラウンジメンバーズ 約23,000人 120~240人 成婚率43.8%(2011年7月~2012年6月実績)
誠心(SEISHIN) 約12,500名 360名以上 非公開
キューピッドクラブ 5,000人に制限 48名 非公開
パートナーエージェント 約3,000人(関東と関西のみ) 100名 非公開(お見合い成立率は60%以上)

会員数と成婚実績で比較したおすすめの結婚相談所

仮に年間紹介人数が100人以上の場合、月に5~10人の方とお見合いすることになります。もし気になる人がいても、次から次へと入れ替わっていては、その婚活のスピードについていけない可能性が高いです。

月に4人、年間で24人以上であれば、婚活はできますので、その点では大手の結婚相談所では条件を満たしています。

気になる成婚実績ですが、信用できる数字ではありませんので、あくまで参考値に留めておきます。

結婚相談所を選ぶ基準には資料請求での比較、成婚者の体験談、直接、電話で疑問点をぶつけてみると、懸念材料が払拭しやすいです。

会員数が気になる方は、比較的に条件を厳しく設定する傾向があります。確かに会員数が数万人いても、あまりに細かく条件を提示すると、対象人数はかなり減ってしまいます。

結婚相談所の会員の年齢層だけ見ても、一般的には男性は33~39歳、女性は29~35歳が最も多いので、この年齢を含めないだけで、いきなり対象人数が半分以下になりかねません。

さらに「男性の年収600万円以上」と設定したとします。実は独身男性で年収600万円以上の男性はわずか3.5%しかいません。

年収560万円の人が除外されてしまいますが、年収40万円にどれほどの価値、重要な意味があるかを考えたら、条件の絞込み過ぎはもったいないことです。妥協をするのではなく、ゆとりを持った条件で婚活をした方が効率的です。

どちらかというと、量よりも質であり、オーネット(O-net)パートナーエージェントのように相談員が理想の相手を選別するサポート体制が重要だったりもします。

また、自分が住んでいる地域から遠いところにしかない結婚相談所では、何度も相手を変えた婚活は厳しいです。

そのため、例えば、ツヴァイ(ZWEI)は都市圏対応のサポート重視コース、地方圏対応の出会い応援コースを用意し、会員に合った料金と紹介人数を設定しています。

1人1人がどんな婚活をするかで、婚活しやすい結婚相談所は異なってきます。初回入会金も決して安くはありませんので、入念に比較、検討をしていきましょう。

婚活の費用で比較

婚活の費用で比較

結婚相談所の比較

最初は高く感じる婚活の費用

結婚相談所で婚活する場合にかかる費用は初回入会金、月会費、成婚料、オプション料金の合計値になります。

最も費用がかかる初回入会金の内訳は登録料に加え、情報提供料、活動サポート費、システム維持費、データマッチング費、入会金のように各社で異っていますが、登録されて検索機能が使える点では、特に違いはありません。

例えば、英会話スクールやスポーツジムの登録料は高くても1万5,000円でありますが、結婚相談所は10~20万円前後が相場です。

比較すると高く感じる価格設定ですが、結婚相談所では理想の相手とのマッチングを重視しているために、登録する個人情報の項目数が非常に多く、さらに異性に求める条件も登録しなければいけません。

潜在的な考えや価値観を発見するために、相性診断や性格分析システムを設けているところもあります。

ほとんどの結婚相談所では市区町村で発行される会員が独身であることを証明する独身証明書を確認したり、源泉徴収票のコピーから収入の保証を確認します。

会員の品質を維持するために、雇用契約書で職業の確認、戸籍票で身元の保証を確認することもあります。

さらに登録した時点で多数の方が閲覧し、システム上でマッチングが開始されますし、相談員がマンツーマンで付く場合、相談員が会員のデータを把握し、すでに理想の相手との紹介、セッティングの準備をし始めます。

結婚相談所の作業量と結婚が人生の大きな選択肢であることを加味すると、決して結婚相談所の初回入会金は高いとも言い切れないです。

会社名 初回入会金 月会費 成婚料
オーネット(O-net) 109,800円 14,280円 0円
パートナーエージェント (1)115,500円

(2)115,500円

(3)31,500円
(1)14,700円

(2)12,600円

(3)5,250円
(1)52,500円

(2)52,500円

(3)0円
誠心(SEISHIN) 30,000円 15,875~29,000円 0円
ツヴァイ(ZWEI) (1)170,000円

(2)145,000円

(3)48,000円
(1)14,000円

(2)10,000円

(3)6,300円
0円
ノッツェ(NOZZE) 女性  90,000円
男性  120,000円
15,000円 0円
ラウンジメンバーズ (1)156,000円

(2)278,000円

(3)368,000円
(1)15,000円

(2)10,500円

(3)5,800円
210,000円
サンマリエ 390,000円 0円 0円
キューピッドクラブ 230,000円 20,000円 0円

婚活の費用で比較したおすすめの結婚相談所

初回入会金で異質なのがサンマリエですが、2年間継続のみの料金設定になっています。じっくりと婚活をし、長期で結婚相手を探す目的であれば、月額料金はない分、割安と判断できます。

大手の結婚相談所では唯一ノッツェ(NOZZE)が男女で料金差を設けていますが、男女比は約6:4であり、女性が安いからといって、女性の会員が多いわけではありません。

むしろ、オーネット(O-net)は男女比が4.4:5.6、パートナーエージェントも男女比が4.7:5.3であることからも、料金で男女の割合は動かないです。

また、ツヴァイ(ZWEI)のように月会費の内訳が運営費の1,575円、情報提供料の12,425円とされていれば、休止中は運営費のみの負担で重荷になりません。

さらに一括払いではなく翌月後払いですので、結婚が早く決まれば決まるほど、費用はさらにお得になります。

なるべく早めに理想の人に出会って、距離を縮めている間は婚活をお休みしたり、また、別の気になる方がいたら婚活を再開して、パーティやイベントに参加するといった、長期と短期の組み合わせが可能です。

また、成婚料は以前は多くの大手の結婚相談所で受け取っていたのですが、現在は0円に設定されています。

入会金を安くし、あえてを成婚料という成功報酬を設定することは、入会金を集めるのを目的とし、後は知らんぷりする悪質な結婚相談所の対策にもなりました。

結婚相談所は結婚することが目的ですので、成婚料を設定しているのは合理的と言えます。そのため、信用度が一般的に認知されている大手の結婚相談所ではなく、中小規模の結婚相談所では成婚料が設定されています。

最後にオプション料金ですが、基本的にパーティやイベントに参加するのは有料です。お食事会などの軽い感じのパーティでは回数制限付きで0円であることもありますが、イベントは各社とも力を入れており、春はお花見、夏はキャンプ、秋は紅葉狩り、冬はスキーと季節ごとにツアーを組むこともあります。

料金は基本は数千円、高いもので数万円しますので、普段、異性と話す機会がない方、ちょっとしたきかっけが欲しい方、何かを通して相手の本質を知りたい方にはおすすめです。