お見合いで成功する婚活

お見合いで成功する婚活

婚活でモテる方法

お見合いでは第一印象を重要視

お見合いは相手の情報を知ることから始まります。一般的には釣書と呼ばれていますが、結婚相談所ではプロフィールと写真を意味します。

会うのは初めてでも、相手の学歴、職歴、趣味、家族構成、写真を見て、頭の中で相手に対してイメージを描いているでしょう。その上でお見合いではデータだけではわからない相手の人柄、人間性がわかるようになります。

実際にお見合いで初めて相手を見た一瞬の間に、過去に出会ったことのある人物像から相手のどこが素敵で何が駄目なのかを判断し、脳に刺激的に記憶します。

第一印象で80%が決まると言われているほど、その後の交際に与える影響は大きいでしょう。

気を付けたいのは服装と髪型などの身なりを清潔にしておくこと、中でも手を綺麗にしておきます。手は清潔に美しくし、爪はきちんと切って爪垢は取り除きます。

男性の手はたくましさと器量を尊重し、女性の手は美しさと温もりを感じさせます。

言葉遣いで真面目さをアピール

第一印象で失敗しなければ、次は会話での言葉使いがポイントになってきます。

お見合いでは最初から本人同士だけで行う場合もありますが、紹介者が間に入ってお互いの簡単なプロフィールを紹介してから、2人きりになるパターンが多いです。

そのときに紹介者に対しての挨拶やお礼の一言も相手に好印象を与える機会です。始めは意識的でも次第に自然体でできるようにしましょう。

結婚相談所によるお見合いでは最初から2人きりの場をセッティングすることが多いので、ちょっとしたタイミングで係員などに会釈するのも嬉しい気遣いです。

初対面ではですます調の丁寧な言葉を使うように心掛けます。早く仲良くなりたいときほど、相手のことを尊重し、じっくりと距離を縮めていくのが大切です。

一方通行にならないように会話でキャッチボールができるようにします。相手への質問も気を配り、初対面のその日から金銭面や親の同居の有無といった自己中心的な質問に先走らないようにします。

また、1度会ってみてあまりシックリいかないくても、相手からデートの誘いがあれば、よほど合わない場合は除いて、2、3度は会ってみることをおすすめします。

3回くらい会うと、その人の人間性がある程度わかるようになり、1回目とはまた違った印象を受けるようになります。

自分には合わないと判断したときは、結婚相談所であればアドバイザーからお断りすることもできます。

婚活では結婚を前提とした出会いのきっかけを作ることから始まります。お見合いは1回だけではなく、パーティやイベントをはさみながら、実は何度も繰り返すことが一般的です。

お見合いが苦手でもアプローチ

「結婚はしたいけど、結婚を意識してお見合いはどうも苦手・・・」という方は、普段の自分を相手に伝えることができなく、損をしていると思っている方も多いです。

そこで新しいお見合いが注目を集めています。紹介者やアドバイザー同伴でお相手の女性を自分の職場に来てもらい、素のままの自分を見てもらうことで、相手にアピールする方法です。

農業に従事している男性であれば、いつも通りに農業の仕事に一生懸命打ち込んでいる姿を女性に見てもらうようにします。

農業の仕事に対する真剣さや仕事の大変さを見てもらい、その人の人間性を素直に理解することができます。

職業は限定されますが、過疎化が進む農村部では貴重でリアルな体験として、お見合いの仕方に変化が生まれました。

また、働いている男性の姿は女性には好印象を与えます。

将来の大切なパートナーを選ぶのですから、できる限り相手のことを理解して、お互いの距離を近づけたいものです。

お見合いでの写真の撮り方

実際にお見合いをする前にはプロフィールと写真を見て、この人と会うかどうかを決めます。

学歴や職歴よりも写真の印象を大事にする人の方が多いために、写真の撮り方を工夫すれば、お見合いできるチャンスが増えます。

「私はどうも写真写りが悪い」という人は少しお金をかけて、お見合い写真に定評のある写真館に行って、プロのカメラマンに撮ってもらうようにします。今まで証明写真だけで婚活をしてきた人も、プロのカメラマンに任せてみましょう。

写真写りの良さで第一印象はガラリと変わり、「この人なら会ってみたい」と思ってもらえることが多くなるはずです。相手のハートをしっかりとキャッチすることから、すでに婚活ではリードしていると言えます。

気になる相手にアピールする以前に、まずは自分をさりげなくアピールすることが大切です。

可愛くなりたい、かっこよくなりたいのにうまくいかない方は、上手な自己表現法をまだ知らないだけです。ちょっとした仕草や表情を工夫するだけであなたはもっと魅力的になるでしょう。

出会う機会を増やして、自分に気に入った相手に巡り逢えたら、その人と過ごす時間を大切にしていきます。

自分と同じ時間を共有することで心が安らぎ、お互いに楽しく過ごせ、将来も幸せになれる雰囲気を相手にさりげなく伝える第一歩として、好印象を与えるお見合い写真を撮ることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です