婚活でのプロフィールの書き方

婚活でのプロフィールの書き方

婚活でモテる方法

自己主張をするプロフィール

婚活で結婚相談所を利用することが決まったら、プロフィールを登録して、自己紹介をすることから始まります。

ネット上に公開するプロフィールは、お見合いで相手に送る履歴書と同じ役割になります。

正直に書くことが大切ですが、少しでも出会いのチャンスが多くするため、あなたに興味を抱かせるようなものにしたいです。

プロフィールを検索すると、現実よりも薄っぺらい感覚がしますので、個性がわかるような内容、印象に残るコメント、惹きつけるような文章が必要になってきます。

また、結婚相談所のアドバイザーもプロフィールの表現力が豊かな人の方が、理想の相手にあなたのイメージを伝えやすく、お見合いをセッティングできる確率が高くなります。

理想の相手に自分を伝える

プロフィールを書く際は伝えたいことを書くのではなく、異性が何を知りたくて検索してくるのか、相手の気持ちになって書くようにします。

結婚相談所に登録している男女とも、相手の生年月日と住んでいる地域にはこだわりがあります。女性の方は男性の年収、職業、学歴が最も重要視する項目となっています。

ただし、これらは事実と全く異なる嘘をかけませんので、工夫するのは厳しいです。

相手の方は理想の条件で検索をかけて人数を絞った後に、順番に氏名とコメントを見てくれます。意外と時間が経ってからあなたのプロフィールを見ることでしょう。

簡潔過ぎては他の人に興味を持っていかれますし、逆に長過ぎる文章も味気なく退屈なものになります。

コメントには趣味や特技などの自分の好きなことや、資格や技術のような自分ができることを書くようにして、相手に個性を伝えるようにしましょう。

ただし、あまり自分のことを知って欲しいアピールをし過ぎると、相手に自分を押し付けている印象が残りますので、気軽で明るい感じの文脈が好ましいです。

マイナス要素は掲載しない

例えば、職業欄に「家事手伝い」と書いてある女性のプロフィールを見かけることがあります。

受け取り方は人それぞれですが、「家庭に何か事情があるかもしれない」「自分のやりたいことがない」「自立できていないので負担になる」と、決して好印象にはならず、マイナスイメージにつながりやすいです。

そこで職に就いていない人は「フリーランス」と掲載したり、「料理と英語の勉強しています」とアクティブに書く傾向があります。

さらに相手に興味を持ってもらうために「休日はこのように過ごしています」といった、日常生活がそれとなく伺えるように書くのも良いでしょう。

また、マイナス要素で最も気になるのは写真掲載です。誰かにバレたくない、自分の顔に自信がない、見られるのは恥ずかしいという方も多くいます。

プロフィールでは相手に好印象を持ってもらうことが目的ですので、写真が決め手になるわけではありません。プロフィールの全体を見て、この人なら会ってみたいと思わせることが大切ですので、文章だけでも十分です。

ただ、写真を公開した上で初めてデートに到ったケースの方が、ギャップが少なくて成婚率は高いのも事実です。

大人になると顔の選り好みは若い頃より少なくなりますので、なるべく写真は添える方が親切かもしれません。

また、1つの注意点としては結婚相手に高望みをしない方が良いです。プロフィールに結婚相手に対する無理な要望を書くことは慎みましょう。

プロフィールは自己主張をするものではなく、相手に対して自分という存在を知ってもらうということが目的です。

グッと印象付けるプロフィールを掲載して、異性を好感を持ってもらうようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です