デート後の順番

デート後の順番

婚活でモテる方法

女性が男性にメールを送信

楽しく2人でデートをした後は、何度も思い返したりしながら「こんな会話したな」「楽しかったな」「次はいつ会えるのかな」と余韻に浸ることがあります。

一方、気になるのは自分だけではなく、相手がどう思っているのかです。

初めてのデートが充実していたからといって、デートの後に早速、次のデートの約束をするのではなく、少し探りを入れてみるもの1つの婚活の手段です。

基本的にデート後は、良くても悪くても女性からメールをすることが定番となっています。男性はデートが終わった後はメールが来るのを待ってみましょう。

「楽しかったのかな」「どう思っているのかな」「また会いたいのかな」と不安になる方もいますので、女性はその日の内にメールをするのが思いやりかもしれません。

素直な気持ちでも問題はありませんが、相手の気持ちにも配慮して、デートの感想をメールに書きます。

相性が合わなかったとしても、男性はデート前に色々なプランを立てたりしますので、御礼も忘れずに伝えておくのが礼儀とされています。

例えば、「今日は本当に楽しかったです。近いうちにまた食事でも誘ってください」は脈有りと判断でき、「気になっていますので、またデートしたいです」という本音が見え隠れします。

逆に「今日は素敵な1日でした。また、機会があれば、遊びに行きましょう」は脈無しと判断でき、「ちょっと合いませんでしたので、お互い婚活頑張りましょう」という本音が伺えます。

女性も男性も相手を勘違いさせないよう、大人な対応でコミュニケーションを取れると、スムーズに婚活をこなして行けるはずです。

次のデートの約束を取る

男性はデートの終わりに近づく頃か、帰宅後にメールで次のデートの約束をすることがあります。

経験上、もうお互い両想いで後は進むだけと判断できる方は除きますが、大人は建前と本音を使い分けます。先ほどの通り、メールでワンクッションを挟んだ方が良さそうです。

また、男女共通でデート中に「動物園とか水族館が好きなんだ」「休みの日は何しているの」「クリスマスはカップルばかりで嫌になる」といったようなことが話に出てきたら、「もう1度会いたい」との思っている可能性もあります。

いずれにしても脈有りと判断できるであれば、日にちや時間を明確にしたメールを送ってみます。「今週の金曜の夜、新宿でご飯でもどうですか?」などは軽い感じで良いかもしれません。

あまり間を空けてしまうと、お互いの気持ちが冷めやすいので、早過ぎず遅過ぎない程度の約束をします。

「すみません、友達と約束が入っています」と返信が来たら、恐らく友達との約束もなく、距離を置きたいという意味です。「すみません」「ごめんなさい」は気になる相手にはあまり使わない傾向があります。

「残念ですが、友達と約束してしまいました。水曜か木曜はどうですか?」と別の日の指定があれば、少しずつ距離は縮まっています。

そもそも、好きな人に誘われたら、風邪をひいていても会いたいものですので、断られたらキッパリと諦めた方が今後の婚活につながるかもしれません。

もし、約束にこぎ着けたら、最初のデートのドキドキ感を大切にして、2回目のデートに望みましょう。

メールでも相手を思いやる

携帯電話のメールは手軽ですが、十分に相手をイメージできるコミュニケーションの1つです。

ストレートな告白が好きな人は多いですが、付き合ってもいない異性に顔文字や絵文字のハートマークは頻繁に使い過ぎないことです。

相手が好感触と思っていても、メールでは今の相手の状態がわかりません。もしかしたら、大事な仕事を抱え、余裕がない状態かもしれないです。

気持ちを押し付けすぎて、相手に「この人は重い」と思われるのは困りますので節度を大切にします。

例えば、女性が少しでも気持ちを男性に伝えたい場合、「たくさん○○さんのことを知れて、今日は楽しかったです」というようなメールを送ると、男性は嬉しく受け止めてくれます。

女性はなかなか自分から次のデートに誘うことは難しいです。男性が感じ取るか、女性が男性に感じ取らせるようにしたいです。

最初のデートと2回目のデートが婚活では気を使うところですが、それ以降はメールの回数を自然に増やしていき、お互いを知りつつ、2人の距離を縮めていけるようになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です