デート前の準備

デート前の準備

婚活でモテる方法

デートの準備は怠らない

気になる人に巡りあえて、いざデートの約束まで到るとドキドキするものです。結婚相談所で出会った人とは何人かとデートをしていても、初めて会って話すまでは緊張することも多いです。

付き合いが長くなると普段着で気楽に会うこともできますが、最初のうちは身だしなみには気をつける必要があります。男女ともに服装はもちろんのこと、ヒゲや無駄毛の処理も細かな気配りが必要です。

体毛を嫌う人は本当に苦手であり、いくらかっこ良くても毛が濃いとマイナスポイントになったり、実際に可愛い人なのに鼻毛が1本出ていたので、想いが萎えてしまったという人もいます。

好きになる気持ちがいつ訪れるのかわからないのと同じように、相手の気持ちがどこで離れていくかは、意外と自分でも気付かない価値観の違いが原因になっています。

自分が気にしないことでも念には念を入れ、男性なら腕やスネの毛、女性は指や手の甲の毛、半袖の服やミニスカートから見える産毛も処理しておいた方が無難です。

服装とデートの持ち物

デート前の準備として最も悩むのが服装です。女性は髪形やメイクにも気を使いますが、バッグやアクセサリも含めたファッションには特別に気を配ると思います。

センスに自身のない方は、ショップの店員に全身コーディネートをしてもらいます。素直に好みを伝えた上であれば、納得のいく無理をしない服装の完成です。もしくはDMM.comなどのファッションレンタルもコストパフォーマンスが高く、おすすめです。

婚活は出会ったときの印象が強いために、正装ではない初デートでのおしゃれ着は、相手を一歩惹きつける重要なアイテムです。前日に考えるよりも前もって、早めに服を決めておくようにしましょう。

当日は男女問わずにハンカチとティッシュは必ず持っていきます。清潔感を出すためだけではなく、何かこぼしたとき、服に付いたときにサッと取り出せるようにします。

夏場は体臭、口臭予防グッズ、汗拭きシートも欠かせません。冬場はリップクリームを用意します。

さらに頭痛などを始め、身体が不調を訴えるとデートどころではなくなり、相手にも心配をかけてしまいます。

カバンやポーチには携帯用の薬を忍ばせておきましょう。花粉症、アレルギーを持っている人は必須ですし、胃腸が弱い人はデートの緊張でお腹にくることもあります。

準備をする分には自分も安心できますし、いざというときに役に立つことで、気が利いたり、頼りにされたりと相手に好印象を与えやすくなります。

また、お金は普段より多めに用意し、カードで支払えるようにもしておきましょう。

一緒に楽しむデートプラン

デートを楽しくするようにと、デート前に色々とプランを立てておく人もいますが、あまりに強引なプランで行動しようとするのはNGです。

お互いが楽しく過ごせるのが前提であることをしっかり頭に入れ、その日も天気や気分に合わせてプランを柔軟に変更しておけるようにします。

初めてのデートだからといって、力を入れ過ぎてしまわないよう注意します。

サプライズで相手を感動させるのが目的ではありませんし、告白して付き合うのが目標でもありません。初デートはコミュニケーションを取って、お互いの距離を縮めることが大切です。

また、過度な準備は疲れてしまい、物事を俯瞰できなくなります。女性は化粧が濃く派手になり過ぎないよう、髪型を作り過ぎたり、香水を付け過ぎたりするのを避けます。男性は勘違いしたファッション、妙に整った眉毛、あとは女性を敬う気持ちを忘れないようにします。

初デートの場所を下見しておく人もいますが、一緒に感動するのもデートの楽しみです。自分が楽しんでいることが自然と相手に伝わるのも、コミュニケーションの1つになります。

初デートだから高級レストランに無理に行く必要もありません。緊張し過ぎてしまう場合もありますので、普段の自分が出せるような場所を選ぶようにしましょう。

最後にデート前の準備として必ずしておきたいのが靴のチェックです。お洒落で素敵な服装をしていても、靴が汚れていたりボロボロになってしまっていては、印象を悪くさせてしまいます。

おしゃれは足元からと言いますが、靴だけはお金をかけても損することはないでしょう。靴を綺麗にすることで、幸せがやってくるともされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です