婚活から結婚までの流れ

婚活から結婚までの流れ

婚活の基礎知識

再加熱するお見合いでの婚活

様々な物価が上がり、1人で生活をするのも大変な社会になってきています。結婚をしても家族を養っていけないからと、結婚を諦めてしまうという人もいる程で、結婚するなら共働きを望む人も急増しています。

自分に合った条件の結婚相手を見つけるのは、普段の生活の中では簡単なことではありませんが、結婚を考えて婚活をしていれば、理想の結婚相手に巡り会う確率はグッと高まります。

以前からあった婚活にはお見合いが有名ですが、最近でもお見合いが盛んに行われるようになってきました。

結婚相談所でも自分が考える条件に合う人が見つかると、お見合いという形で実際に会うこともあります。

お見合いというと正装をした男女が仲人などを立てて、厳かに行なうというイメージが強いですが、最近のお見合いは気軽に参加できるようにと、スタイルもかなり変わってきています。

喫茶店やレストランで気軽に緊張することなく、普段の自分が出せる場所で行なうこともあります。

結婚相談所の仲介、親戚の斡旋、友人の紹介は形式は異なりますが、お見合いで括ることができます。

婚活のスタートは出会いから

少し前までは社内結婚というカップルも多かったのですが、縁がなく破局となってしまった場合、同じ職場で働くのが苦痛となり、どちらかが退職してしまうこともあります。

最近では女性も仕事に対しての意欲が高まっていますから、職場が変わることには抵抗を感じるようになっています。

社内での結婚は避ける人が増えている傾向のため、出会いの場は一層減っているのは明らかです。

チャンスが来るまで結婚は待つという人も多くいましたが、結婚を待つ時代は終わったと言えるでしょう。

少子化、未婚時代を迎えるにあたり、結婚相談所をはじめとしたマッチングサービスの需要を高くなりました。積極的な婚活をしなければ、結婚するのは難しくなってきています。

結婚相談所などを利用して婚活をする人が増えていますが、結婚相談所に登録をした時点で婚活はスタートとなります。

結婚相談所を通したお見合いをして、お互いに意見が合えば、恋愛の末に結婚となるわけです。真剣に結婚を考えている2人ですから、結婚まで話が進むのも早い傾向があります。

しかし、いきなりお見合いでは気心が知れようになるまで抵抗もあります。事前に身元や趣味なども知った上で会う方が、話も進みやすいでしょう。

結婚相談所などを利用して婚活を行なう場合、「匿名でメールのやり取りができるか?」「会員数の増減はどれくらいか?」「イベントはどのくらい催されているか?」といったように、まずは会社選びをすることから始めましょう。

料金の問題もあり、何社も登録しても効率は上がりません。

結婚相談所は月会費よりも初回入会金が高いので、1社で始めたら、気の済むまでは同じ結婚相談所を利用したいものです。

複数の結婚相談所の資料を請求したり、オーネット(O-net)ツヴァイ(ZWEI)が実施している結婚チャンステストをしたり、無料の婚活説明会に出てみたりして、使い勝手の良い1社に絞った方が好ましいです。

少しずつ距離を縮めていく

結婚相談所や恋愛仲介サービスを利用する婚活では、まずは自分のプロフィールを登録します。

自分のプロフィールにアプローチが来るのを待ちつつ、自分の理想に合う相手のプロフィールを検索します。

ここで気になる相手が見つかれば、メールでのやり取りが匿名でできます。好意を持った相手にメールをするなどのアピールを行うこともあります。

少しずつ相手を知っていき、お互いに好印象であれば、デートの約束から会うことができます。

結婚相談所の傾向としては、男性は女性に積極的にメールでアプローチをしますが、女性は男性からのメールを待つか、直接パーティやイベントに参加して、面と向かって話しをする方が多いです。

もちろん、メールでのやりとりや実際のデートでさえも、1人に絞らなくて大丈夫です。同時に複数の方とやりとりして、比較することもできます。

デートを続けることで交際がスタートし、交際を深めていくことでプロポーズにつながり、めでたく結婚にいたります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です