結婚するための積極的な行動

婚活とは?

婚活の基礎知識

結婚するための積極的な活動

「婚活」とは結婚することを望んでいる人が、意識的に自分から進んで結婚活動を行なうことを言います。

職場での出会いが減り、より理想を追う傾向が高まっているため、最近では思うように結婚できない事情があります。

「婚活時代」という書籍が販売されてから、婚活は今や就職活動と同じように世間に認知され始め、4人に1人以上が婚活を行なっているのが現状です。

婚活の定義は広く、結婚相談所やお見合いパーティーが一般的ですが、合コンも含めますし、料理教室に通ったりする自分磨きも婚活の1つです。

ただ、「婚活=合コン」のような端的なものでもありません。婚活のために合コンだけをする人もいますが、合コンだけでは結婚相手を見つけるのはなかなか難しいでしょう。

なぜなら、合コンは人数を合わせるために恋人のいる人が参加する場合もありますし、友人を増やす程度の気持ちで参加する人が多いからです。

本気で結婚したい人が合コンだけでは、結婚する確率が低くなってしまいます。婚活では結婚したい人同士が積極的に出会えることが大切です。

効率的な婚活は結婚相談所

婚活は結婚するために行なう行為のことを指しますので、合コンと同様に「婚活=結婚相談所」ということでもありません。

しかし、結婚相談所などを利用して婚活を行なった方が、実際に結婚できる確率は高くなります。

オーネット(O-net)ツヴァイ(ZWEI)のような、大手の結婚相談所では結婚に積極的な人が集まっている上に、出会う人数が劇的に増えます。

パーティやイベントでは異性とコミュニケーションをする機会がたくさんあります。ご縁がなかった相手との割り切りも仲介してくれますし、プロのアドバイザーがサポートもしてくれます。

結婚相談所は結婚のチャンスが効率的に凝縮されているわけです。

ただ、結婚相談所の料金に不安があるという方は、まずは男女ともに無料会員でも画像検索ができるマッチ・ドットコムピュアアイ(pure-i)などの結婚情報サービスのほうが、気軽にメール交換から始められ、婚活の感触がつかめるかもしれません。

また、本人確認をしっかりしている婚活専門のカップリングパーティーやお見合いパーティーなどに参加するのも婚活の練習になるでしょう。

婚活における男女の違い

女性の場合は婚活を望むのは20代後半から30代前半が多く、30代後半になると婚活する予定のある人は少なくなります。一般的に女性は20代後半から30代前半までに結婚を強く意識する割合が高いです。

一方、男性の場合は20代後半から婚活を考える人の数が増えていき、40代前半まで数字は増える傾向にあります。

男性は結婚に対する意識という点では、年齢別でさほど差がありません。自分に合う女性がいれば、すぐにでも結婚したいという人が多いです。

また、女性は縁が無いなら結婚はしないという考えの人もいますが、実は男性の8割以上の方が結婚を希望している統計もあります。男性の方が女性よりも結婚したい願望は強いようです。

さらに男性は好きな人をデートに誘ったり、アプローチすることが婚活と答えるとのに対し、女性は料理教室に通ったりして家事に役立つ努力をすること、お見合いなどで出会いを増やすことと答える人が多くなっています。

女性の方が実際に結婚を強く意識し、生活していくことを現実的にしっかり考えている傾向にあります。

婚活は結婚への近道

以前は「結婚は自然にできるだろう」と思う人が多かったようですが、最近では「婚活をしないと結婚はできない」と考える人が増えてきています。

出会いの場が減ったというのも理由の1つとなっていますが、結婚への理想が高くなったことが最もな要因です。

婚活はすぐに結婚をしたいから結婚相談所などに通う場合と、結婚をする準備としてゆっくり婚活をしていく場合の2パターンがあります。

例えば、結婚相談所を活用すると、多くの異性と出会うことでき、結婚相手を選ぶことができます。実際に結婚について前向きであるのに、出会いがないままでは始まりません。

しかしながら、自分磨きをしてから婚活したほうが、自分の長所も増え、結婚する確率を上げることもできます。もちろん、同時に行うことも婚活の1つです。

このように将来の良き伴侶とめぐり合うために、自分から積極的に行動を始める婚活が人気です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です