婚活リスト

婚活リスト

コミュニケーション

無料の自己啓発から定番の結婚相談所までを紹介

種類 説明
結婚相談所 入会金や月額費など数万円単位の出費がありますが、条件に合う異性とすぐに出逢える効率性がメリットです。時間をかけずに「好みのタイプと出逢いたい」人は、会員数の多いオーネット(O-net)ツヴァイ(ZWEI)のような大手の結婚相談所を選びましょう。
結婚情報
サービス
マッチ・ドットコムやピュアアイ(pure-i)など相談員が付かない代わりに、月額3,000~5,000円前後で理想の異性を検索ができるシステムです。出会い系とは違い、結婚したい人が会員になっていて、本人確認は必須、登録条件もありといった高い安全性で選ばれています。
婚活パーティー 運営会社が主催するイベントを楽しみながら、異性との交流を深めるパーティーです。結婚相談所よりも制限がないですが、条件設定を設けることが多いです。気軽なカップリングパーティーで詳しく紹介しています。
お見合い 両親や親戚、知人が紹介してくれる人なので、信頼性で一歩抜き出ており、安心感があります。相手の学歴、職歴、趣味、家族構成も生の声で伝わります。お見合いについてはお見合いで成功する婚活でも紹介中です。
合コン 実は合コンは婚活に向いていません。30代を過ぎてから合コンに出席しても、恋人ではなく結婚相手を探しているためか、ハードルを高く設定してしまい、ピンと来る人に出逢わなくなります。相手も結婚願望があるかわからないことも、合コンが婚活に向いていない理由です。
街コン 同性2名以上で参加をし、地域で決められた複数のレストランや居酒屋を回るタイプの大規模な合コンです。参加証があれば、制限時間内に定額料金で好きな店舗で飲食ができます。家が近くて話題が弾み安く、地域活性化にもつながるために全国各地で取り組まれています。
料理婚活 男女一緒に協力して料理を作り、一緒に食事をするイベントです。体験談を料理婚活は料理教室で合コンに掲載していますが、パーティーではあまり知ることができないであろう飾らない性格が読み取れたりします。
婚活バー 結婚相手を探す男女が集るバーで「シングルスバー」とも呼ばれています。会員制であり、遊び目的で来る人や出会い系のようなサクラもいません。お酒を交わしながら交流を深めていく大人の婚活です。
自己分析 現在の自分が長所と短所を就職活動のときのように、自己分析します。今の自分を客観的に把握して、自信を持てる箇所や欠点を自覚すると、異性にアピールする時に自然な振る舞いができるようになります。
自己啓発 外見と中身を磨くことも婚活の1つです。初対面での挨拶の仕方や会話に自信がない人は、モテるための話し方教室に通うくらいです。結婚できる人とできない人の違いは努力の差だったりもします。