結婚が成功するかどうかはあなたの態度で決まる

誰もがみな、ある一定の年齢を迎えると結婚について思いを巡らします。

結婚について良いイメージを持っていようがいまいが、ある年齢に達すると「この先ずっと一人で生きていくのかな……そんなの嫌だな……」と思うようになるのです。

その証拠に、折からの婚活プームにのって、それまでは結婚について積極的ではなかった多くの女性たちが、こぞって婚活に精を出しています。しかし、一つはっきりしていることがあります。

それは、結婚が成功するかどうかは、今のあなたの態度によって決まるということ人は結婚に対して、二つの態度をとることができます。「願っているとおりの素晴らしい結婚生活は実現する」と信じる積極的で前向きな態度と、「どうせ期待していることは実現しない」という消極的な態度の二つです。

この態度の違いが、その後の全てを決めてしまいます。人の行動は態度によって影響を受けます。態度が間違っていたら、良い結果を期待することも間違っています。

良い結果とは、それを得ることができる態度をもって事に当たった結果なのです。繰り返すようですが、誰もがいつかは結婚について思いを馳せる時がきます。

結婚なんて……と悲観している人でも、一人で生きていくことを考えるよりは、誰かと生きていきたいと思うのですから。けれども、あなたが、結婚について積極的で前向きな感情を抱いていなければ、いくらそれに着手したところで、あなたが手にする結果は目に見えています。ですから私は願うのです。

あなたが、結婚についての良いイメージを持ち、自分の第一章結婚するってこんなに素晴らしいこと人生に素晴らしい結婚生活が実現すると積極的な期待を持つことを。

もちろん私は、非現実的でメルヘンチックな世界にあなたを誘おうとしているのではありません。前述したとおり、憧れだけで結婚することなど良いと思っていません。それでも私は言いましょう。まずはあなたの心を、夢から覚める前の純粋な期待で一杯に満たしなさいと。そこから始めるのです。

■「結婚の何がいいの?」

こういうことを言う人は、残念ながら結婚がいいとは思えない現実を見てきたか、あるいは自分自身で、そう思わざるを得ない結婚生活を体験してきたかどちらかだと思います。

それまで自分が見てきた、あるいは体験してきた結婚生活の実質がどのようなものであったかが、私たちの結婚観をつくっています。これは当然のことですよね。

私たちが目撃する最初の結婚は両親です。両親の関係がどうであったかは、私たちの結婚についての考え方に大きく影響しています。つい先日も初代の女性がこんなことを言っていました。ひど「私の両親は仲が悪かったんです。父の言葉の暴力が酷くて、母はいつも精神的に追い詰められていて、母にとっては私だけが、愚痴を言える相手だったんです。母は毎日のように『結婚なんでするもんじゃない』と言い続けたんです」彼女は大好きな彼からプロポーズされた直後でした。それなのに、彼女は単純に喜べず、自分が結婚に対して恐れを抱いている事実と直面することになってしまったのです。「彼は申し分なく素敵な男性なんですけど、私が決断できないんです。これは私自身の問題です・・・」彼女はそう言いました。それは、彼女が見てきた両親の姿、そして傷ついた母親から語られ続けた言葉による影響でした。

結婚相談所 IBJパートーエージェント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です