結婚相談所で婚活する女性たち

二OO八年に『「婚活」時代』を出版して以来、「婚活」はニOO八年、二OO九年の流行語大賞に連続ノミネートされ、NHKで「コンカツ・リカツ」(二OO九年)としてテレビドラマ化されるなど、一躍社会現象となりました。

最近では、男女ともに「婚活中です」という宣言もめずらしくなくなりました。わたしと白河桃子さんとで「婚活」という言葉をつくったわけですが、「パラサイト・シングル」、「フリlタl」、「引きこもり」と同じように、すでに現象としては存在していたのだけれど、適当な言葉がなかったため、今まで注目されなかったものなのです。

ちなみに、パラサイト・シングルは、一九九O年頃、親と同居してリyチな生活を楽しむ独身者が増えてきたという調査結果をもとにわたしがつくり出した言葉です。にんかっその後、白河さんの書いた『妊活バイブル』(粛藤英和氏と共著、講談社)の「妊活」もそうですが、いろいろな「O活」という言葉が大量に出てきました。

「妊活」は妊娠活こいかっ動のことで、そのほかにも、恋愛相手を探す「恋活(恋愛活動)」、自分が亡くなる時の準鼠備を行う「食肉(終末活動)」、子どもを入れる保育園を探す「保舵(保育園活動?)」、さらには、パ1トの働き先を探すことを寸ハi活勺ハI卜就職活動こなどと呼ぶようになっているそうです。これらの「O活」という言葉は、現代という時代を象徴しています。

それは、今までは自動的に起きて、特に考えなくてもうまくいっていた人生のイベントが、自ら主体的に選択し、積極的に活動しなければ達成できないものになっているということです。就活は、学校を出ればたいした努力をしなくても就職先が決まる時代が終わり、バブル崩壊後、正社員への就職が難しくなった時代に出てきた言葉です。

そして、近年出てきた妊活は、今まで自然に任せるしかないと思っていた妊娠を、結婚の高年齢化や出産時期の調整の必要などによって、意識的に行う必要が出てきたことが背景にあります。終活も同じです。一昔前は、自分が亡くなった時どうなるかなど心配する人はほとんどいませんでした。

子どもに看取られて先祖代々のお墓に葬られると信じて亡くなることができました。しかし、今、さまざまな形の葬儀を自分で選べるというだけでなく、黙っていたのでは、今まで通りの葬儀も受けられない可能性も出てきているのです。

保活も、昔は役所にお任せするしかなかったのに、今では、いつ、どこに、どのような保育園に入れるかを選択することが求められると同時に、活動しなければ、望む通りの保育園に子どもを入れられないどころか、保育園自体に入れることすらできなくなる事態も出てきました。

このことからわかるように、「O活」という言葉が流行する裏側には、人生のイベントをとりまく社会状況の変化があります。そして、その変化には、プラスとマイナスの両側面があります。

プラスの側面は、いろいろな人生のあり方を選べるという側面です。つまり、「O活」は、人生のイベントに選択肢が多くなっていることの反映です。しかし、それは同時に、望んでも実現しない機会が増えることでもあります。

普通の就職、普通の結婚、普通の保育園入園、普通の亡くなり方でなくてもよくなった反面、「自分で活動しなければ」その普通でさえも手に入りにくくなった時代になったことを意味しているのです。この状況を、社会学の専門用語では、「再帰性の増大」という言葉で語られます。これは、選択肢が広がっていろいろなライフスタイルを送ることができる可能性は広がったが、逆に今まで通りの普通の生活を送れる保証もなくなったことを意味します。

それは、普通の生活しか許されない代わりにそれが保証されていた時代は終わったということです(もっと知りたい人は、アンソニl・ギデンズやウルリッヒ・ベック、ジグムント・パウマンなどの社会学者の著作、もしくは、わたしの『希望格差社会』(筑摩書房)をお読みください)。選択股が少ない日本もう一つ、「O活」という言葉がたくさんつくられ流行した理由があります。それは、人生のイベントの選択肢が少ない、正しくは、中間的な選択肢が日本ではなかなか認められないということです。

たとえば、男女で一緒に暮らす、もしくは、子どもを育てるのに、欧米では、「同棲」や「未婚で子どもを育てる」という選択肢があります。結婚しなくてもかまわないのです。

そして、フランスや北欧では、多くの若者がまず、同棲してある程度経ってから、結婚をします。しないまま子どもを生み育てることも一般的です。

婚活リスト

婚活リスト

コミュニケーション

無料の自己啓発から定番の結婚相談所までを紹介

種類 説明
結婚相談所 入会金や月額費など数万円単位の出費がありますが、条件に合う異性とすぐに出逢える効率性がメリットです。時間をかけずに「好みのタイプと出逢いたい」人は、会員数の多いオーネット(O-net)ツヴァイ(ZWEI)のような大手の結婚相談所を選びましょう。
結婚情報
サービス
マッチ・ドットコムピュアアイ(pure-i)など相談員が付かない代わりに、月額3,000~5,000円前後で理想の異性を検索ができるシステムです。出会い系とは違い、結婚したい人が会員になっていて、本人確認は必須、登録条件もありといった高い安全性で選ばれています。
婚活パーティー 運営会社が主催するイベントを楽しみながら、異性との交流を深めるパーティーです。結婚相談所よりも制限がないですが、条件設定を設けることが多いです。気軽なカップリングパーティーで詳しく紹介しています。
お見合い 両親や親戚、知人が紹介してくれる人なので、信頼性で一歩抜き出ており、安心感があります。相手の学歴、職歴、趣味、家族構成も生の声で伝わります。お見合いについてはお見合いで成功する婚活でも紹介中です。
合コン 実は合コンは婚活に向いていません。30代を過ぎてから合コンに出席しても、恋人ではなく結婚相手を探しているためか、ハードルを高く設定してしまい、ピンと来る人に出逢わなくなります。相手も結婚願望があるかわからないことも、合コンが婚活に向いていない理由です。
街コン 同性2名以上で参加をし、地域で決められた複数のレストランや居酒屋を回るタイプの大規模な合コンです。参加証があれば、制限時間内に定額料金で好きな店舗で飲食ができます。家が近くて話題が弾み安く、地域活性化にもつながるために全国各地で取り組まれています。
料理婚活 男女一緒に協力して料理を作り、一緒に食事をするイベントです。体験談を料理婚活は料理教室で合コンに掲載していますが、パーティーではあまり知ることができないであろう飾らない性格が読み取れたりします。
婚活バー 結婚相手を探す男女が集るバーで「シングルスバー」とも呼ばれています。会員制であり、遊び目的で来る人や出会い系のようなサクラもいません。お酒を交わしながら交流を深めていく大人の婚活です。
自己分析 現在の自分が長所と短所を就職活動のときのように、自己分析します。今の自分を客観的に把握して、自信を持てる箇所や欠点を自覚すると、異性にアピールする時に自然な振る舞いができるようになります。
自己啓発 外見と中身を磨くことも婚活の1つです。初対面での挨拶の仕方や会話に自信がない人は、モテるための話し方教室に通うくらいです。結婚できる人とできない人の違いは努力の差だったりもします。

婚活の用語辞典

婚活の用語辞典

婚活の用語辞典

結婚の関連用語がまるわかり

結婚するために婚活中の方が知っておいて損をしない用語を紹介します。

単語リスト 単語例
あ行   アッシャー、アテンダー、アトリウム、ウェルカムボード…
か行   介添え、ガセポ、ガータートス、カリグラフィ、月下氷人…
さ行 サムシングブルー、三三九度、シビルウェディング…
た・な行 ティアラ、テーブルサービスギフト、チュール、ドラジェ…
は行 ハウスウェディング、バージンロード、初穂料、引菓子…
ま・や行 マリッジブルー、マリッジリング、持ち込み料、結納…
ら・わ行 ライスシャワー、リゾートウェディング、リングピロー、六輝…

また、辞典には個人的な意見を含んでいる場合があります。情報は随時更新しており、できる限り正確性を保つようにしています。

婚活の知識を勉強する

自分が結婚できない理由を女性はこのように分析する傾向があります。

「職場に理想の男性がいないし、友達の紹介もピンと来ない」
「好みと思った人にはもう相手がいる。いなくても振り向いてくれない」
「現在、付き合っている恋人はいるけど、結婚に踏み切れない」

男性は男性で結婚の手順、婚活をすべきなのかもわからない方もいます。

「高望みしては交際を断られる。結婚に妥協が必要か迷う」
「意中の女性に声をかけられないので、何も進展しない」
「結婚するイメージができない。離婚をする人も増えてきた」

婚活は質の高い出会いの数を増やすことが中心ですが、出会いが多ければ結婚できるとは限りません。

結婚するための自分磨きも一緒に進めていくのが婚活です。

女性は結婚相手に対する要求水準の高さが障壁になり、自分自身との格差もあります。女性は選り好みし過ぎず、見た目を磨き、昔ながらでも料理や裁縫のような特技をアピールできるようにします。

男性は女性よりも自分を磨かなくてはいけません。経済力とコミュニケーション力が格差につながっている今、技術力から仕事力につなげ、さらに清潔感が溢れる男性になりたいものです。

自分磨きをしながら、恋愛と結婚の知識をつけ、実践していく行動力が婚活を充実させる手段になります。

婚活のドラマが月9で放送

婚カツのドラマが月9で放送

日本社会における婚活

リアルさが伝わる婚カツのドラマ

リアルさが伝わる婚カツのドラマ100年に1度とも揶揄される世界的な不況もあり、女性が男性に求める結婚する条件には「一定の収入以上」「安定した職業」「将来性ある仕事」がランクインしています。

男性は女性に収入を求めてはいませんが、しっかりとした職業に就いていて、結婚しても始めは共働きを希望する方が増えました。

一方でワーキングプアで働いても暮らしていけないほど格差が拡がっている現状もあり、収入の低下は既婚率の低下と相関していることもわかりました。

女性が理想の男性と出会うためには婚活は当たり前、男性も生涯の伴侶を積極的に探す時代へと変化しています。

そんな日本の結婚事情がリアルに伝わる、婚活をテーマにしたドラマ「婚カツ!」が2009年4月20日から放送を開始しました。

結婚、家族、恋愛、友情などの人生に欠かせない大切なものが、婚活を通して描かれています。

月9ならではの豪華なキャスト

34歳で独身、結婚にも興味がなく、男友達と遊んでいる方が楽しいという男性が、結婚せざるを得ない状況に追い込まれていきます。

結婚したいのに結婚できる状況ではないとき、結婚活動である婚活をスタートすることになるのですが、その主役はSMAPの中居正広さんが演じています。

さらには上戸彩さんが初めての月9のヒロインとなり、人気の佐藤隆太さんも共演、初の連続ドラマとなるKAT-TUNの上田竜也さんの出演も決まりました。

注目すべきは婚活に精を出す女性の釈由美子さん、婚活ビジネスで活躍中のやり手社長のりょうさん、この2人がどのように婚活を手がけていくのか見物です。

また、中居さんの幼なじみで同僚に谷原章介さん、中居さんの父親役で小日向文世さん、中居さんの仕事上のライバルとなるエリート公務員に北村有起哉さん、中居さんが暮らす区の区長役に風吹ジュンさん、就職活動中に出会う重要な役どころとなる男性に橋爪功さんが登場します。

多彩かつ魅力的な豪華キャストが実現し、見る人は必ず誰かに共感を覚えることができるでしょう。

フレッシュかつ今までにない組み合わせもドラマ「婚カツ!」を盛り上げています。

国際結婚の婚活も人気

国際結婚の婚活も人気

日本社会における婚活

増加する国際結婚の実態

最近では国際結婚を望み、婚活を海外で行なう人も増えています。

日本人と外国人の結婚は1960年代には4,000~5,000件でしたが、1980年代後半から急増し、1989年に20,000件、1999年に30,000件、2005年には40,000件を超えました。

婚姻数全体に占める国際結婚の比率は、実数以上に大きく上昇しています。

1970年代には1%を下回っていた国際結婚の比率は、1989年には3%を上回り、2005年には5.8%とほぼ17件に1件は国際結婚となってます。

日本に在住している外国人は約200万人と総人口の2%以下であるのと比較しても、国際結婚の比率はかなり高いと言えます。

日本の過疎化する農村部では嫁不足が起こっていますが、都市でも晩婚化が進み、結果的に結婚しないことから男女ともに、理想の相手に巡りあう機会が少なくなりました。

また、日本人の女性が外国人を夫にする場合よりも、日本人の男性が外国人を妻にする方が急増しています。

以前は外国人の妻の国籍は在日の韓国人、朝鮮人がほとんどでしたが、1992年以降はフィリピン女性が最多となり、1997年以降では中国人女性が最多と移り変わっています。

一方、外国人の夫の場合は1970年までは米国人が最多でしたが、1971年以降は在日の韓国人、朝鮮人の男性が最多となった後、1996年からは減少に転じ、それに代わって、中国人を始めとした多種多様な国の男性との結婚が大きく増加しているのが目立っています。

国際結婚の婚活は積極性が必要

国際結婚の婚活をする場合、在日している外国人とコンタクトを取るケースと、日本人との結婚も考えている海外在住の方と出会うケースの2パターンがあります。

需要が高いのは後者の方で、海外在住の方との出会いを国際結婚を仲介している結婚相談所が提供します。

日本の結婚相談所は親身になって対応してくれるところが多いのですが、国際結婚となると、基本的にお見合いまでお任せではあるものの、その後は自分の力で話しを進めていく努力が必要です。

そのために国際結婚でお見合いを何度も行なっているのに、結婚する相手が決まらない人もいます。

国際結婚の結婚相談所に登録することで結婚できると勘違いしやすいのですが、1人の異性を生涯の伴侶にするのですから、日本と同様に言葉だけではないコミュニケーションは欠かせません。

中には自分から何もせずに結婚相談所の対応が悪いからとクレームを投げる人がいるのは残念な結果ですが、そのような方は一握りに過ぎず、国際結婚をする方は急激な増加傾向にあります。

日本での国際結婚の婚活

結婚相談所に登録されている外国人は身元が保証されているので、純粋に他国に在住の日本に興味がある外国人です。

海外に在住の外国人と出会い、お付き合いを経て、結婚まで到るには、結婚相談所を通さないと、一般的には厳しいかもしれません。

結婚相談所ではお見合いするための渡航、交際のための渡航、結婚の申請に必要な渡航の手続きをしてくれ、結婚に到った際もビザの発行から、公的な手続きまでサポートしてくれます。

一方、日本で婚活をして、国際結婚をするという人もいますが、登録している外国人が少なく、条件に合う相手を見つけるのは難しいかもしれません。

ただし、費用は外国に行く国際結婚の婚活が100万円を超えるのに対して、国内で行う場合は半分以下で済むことがほとんどです。

また、国際結婚はお互いの立場を理解し、サポートしあえるのがメリットとなっています。仕事に対しても理解が得られ、育児にも積極的に協力してくれるイメージが強いです。

日本の男性、女性は親との同居を嫌がる傾向が強いですが、例えば、中国などでは親との同居は当たり前という考え方を持っています。

さらに日本の女性は男性に希望する条件が厳しくなってきており、男性も求める女性像が狭まってきていますが、外国の女性も男性もまずは出会うことから始まり、条件も日本人のようにピンポイントではありません。

国際結婚を希望して婚活をするなら、自分をしっかりアピールし、相手を思いやれる広い心がある人が好まれます。相手に求める条件だけを考えるのではなく、相手に合う人になれるのかを把握しながら婚活を行なうのが大切です。

国際結婚専門の紹介所もありますが、日本と同じく結婚相談所は会社によってシステムや料金が違いますので、事前に良く調べてから利用するようにしましょう。

晩婚化が起きる原因

晩婚化が起きる原因

日本社会における婚活

日本人の結婚年齢の統計

日本人の結婚年齢の統計日本を始めとした先進国では晩婚化の傾向にあり、日本人が結婚する平均年齢は女性が27.4歳、男性が29.3歳となっています。

日本ではさらに晩婚化が進むと予想されており、10年ほど前と比べると実に2歳以上も結婚の平均年齢が上がりました。

逆に夫婦の年齢差は1950年には2.9歳だったのが、1.9歳まで収縮されました。男女に社会的格差、一歩後を歩くような上下関係が見られなくなってきたのも要因の1つです。

一方、相手に希望する年齢は女性が男性に対して29.5歳、男性が女性に対して26.3歳となりました。

希望する年齢差は3.2歳で、夫婦の年齢差の平均との差が開いており、男性が若い女性を好む傾向であるのがわかります。

数字で見るとわかりますが、結婚する年齢は明らかに上昇しており、女性の社会的自立、日本経済の悪化、得失感情の変化などが影響しています。

女性の社会的地位の確立

日本で晩婚化が進んでいる最も大きな要因は、女性も社会で活躍する機会が増えたことです。

高校を卒業してから結婚を意識し始める人もいますが、仕事のことを考えて、結婚を控える女性が顕著に増えてきました。

決して否定的な現象ではなく、女性も頑張り次第によっては地位が得られますし、給料も男性を上回るのが当たり前となりつつあります。

その結果、仕事に対する責任感も強くなり、結婚することで育児問題が出てくることを避けるために晩婚化が進んでいるとも言えます。

子どもが生まれれば仕事を休まなければなりませんし、与えられる仕事がこなせない状況も出てきてしまいます。

男性が育児に協力的な場合は良いのですが、仕事に専念する男性の方が多いです。男性も育児休暇を取得するケースがありますが、育児休暇はまだまだ浸透しておらず、1%に満たないわずかな人しか利用していません。

女性も男性も平等に育児に参加し、仕事も両立していける環境にあれば、晩婚化の傾向は減ると予想されています。

経済状態が不安定な状態

例えば、先ほどの女性が育児に専念する間でも、育児手当が充実していない場合は生活費を男性の給料に頼むしかなくなります。

不景気の時代で1人暮らしも大変と言われている中、家族全員を養える余裕が無いという不安も晩婚化を進ませる要因となっています。

十分な蓄えを作って、安心して結婚ができる状況になってから結婚を考える人が増えているので、格差社会が広がっている日本において、晩婚化はさらに進むはずです。

子どもに対する手当てが日本は比較的に少なく、子どもを産みたくても産めない方もいます。

2006年には出生率が1.32にまで落ち込みました。出生率が2.07より低くなると、人口減少、人口高齢化の促進につながります。

人口が減少傾向になると労働人口も少なくなり、逆に全人口に対する高齢者の割合が増えますので、経済的な負担の増加は避けられません。

児童手当を増額したり、託児施設を増設したり、産婦人科の医師を増員する必要があるのですが、子どもへの財源はカットされ、保育園と幼稚園は足りず、産婦人科は医師不足でなくなりつつあります。

安心して子どもを育てられる日本になることを切実に願っています。

結婚が幸せとは思えない

以前はある程度の年齢になると独身でいるのが恥ずかしいとされてきました。

「結婚もできないなんて…」と思われることから、「早く結婚しなくてはいけない」との焦りが婚活を促していました。

結婚していないことで会社での影響力も変わります。結婚したから、子どもが生まれたから昇進するというのも、終身雇用が確立されていた日本では良くある話でした。

しかし、最近では独身が恥ずかしいことではなくなりましたし、会社でも未婚、既婚に関係なく採用されるのが当たり前となっています。

死語になりつつありますが「独身貴族」という言葉が生まれるほど、独身の方が自由な生活ができますし、理想的に暮らせると考える人も増えています。

結婚にない未婚生活の利点としては、男女とも「行動や生き方が自由」を約70%が挙げています。

この状態を改善するためには、仕事をしていても育児に追われない育児休暇の拡充、子どもを産むことが家計を圧迫しない手当ての充実などが必要です。