結婚相談所で婚活する女性たち

二OO八年に『「婚活」時代』を出版して以来、「婚活」はニOO八年、二OO九年の流行語大賞に連続ノミネートされ、NHKで「コンカツ・リカツ」(二OO九年)としてテレビドラマ化されるなど、一躍社会現象となりました。

最近では、男女ともに「婚活中です」という宣言もめずらしくなくなりました。わたしと白河桃子さんとで「婚活」という言葉をつくったわけですが、「パラサイト・シングル」、「フリlタl」、「引きこもり」と同じように、すでに現象としては存在していたのだけれど、適当な言葉がなかったため、今まで注目されなかったものなのです。

ちなみに、パラサイト・シングルは、一九九O年頃、親と同居してリyチな生活を楽しむ独身者が増えてきたという調査結果をもとにわたしがつくり出した言葉です。にんかっその後、白河さんの書いた『妊活バイブル』(粛藤英和氏と共著、講談社)の「妊活」もそうですが、いろいろな「O活」という言葉が大量に出てきました。

「妊活」は妊娠活こいかっ動のことで、そのほかにも、恋愛相手を探す「恋活(恋愛活動)」、自分が亡くなる時の準鼠備を行う「食肉(終末活動)」、子どもを入れる保育園を探す「保舵(保育園活動?)」、さらには、パ1トの働き先を探すことを寸ハi活勺ハI卜就職活動こなどと呼ぶようになっているそうです。これらの「O活」という言葉は、現代という時代を象徴しています。

それは、今までは自動的に起きて、特に考えなくてもうまくいっていた人生のイベントが、自ら主体的に選択し、積極的に活動しなければ達成できないものになっているということです。就活は、学校を出ればたいした努力をしなくても就職先が決まる時代が終わり、バブル崩壊後、正社員への就職が難しくなった時代に出てきた言葉です。

そして、近年出てきた妊活は、今まで自然に任せるしかないと思っていた妊娠を、結婚の高年齢化や出産時期の調整の必要などによって、意識的に行う必要が出てきたことが背景にあります。終活も同じです。一昔前は、自分が亡くなった時どうなるかなど心配する人はほとんどいませんでした。

子どもに看取られて先祖代々のお墓に葬られると信じて亡くなることができました。しかし、今、さまざまな形の葬儀を自分で選べるというだけでなく、黙っていたのでは、今まで通りの葬儀も受けられない可能性も出てきているのです。

保活も、昔は役所にお任せするしかなかったのに、今では、いつ、どこに、どのような保育園に入れるかを選択することが求められると同時に、活動しなければ、望む通りの保育園に子どもを入れられないどころか、保育園自体に入れることすらできなくなる事態も出てきました。

このことからわかるように、「O活」という言葉が流行する裏側には、人生のイベントをとりまく社会状況の変化があります。そして、その変化には、プラスとマイナスの両側面があります。

プラスの側面は、いろいろな人生のあり方を選べるという側面です。つまり、「O活」は、人生のイベントに選択肢が多くなっていることの反映です。しかし、それは同時に、望んでも実現しない機会が増えることでもあります。

普通の就職、普通の結婚、普通の保育園入園、普通の亡くなり方でなくてもよくなった反面、「自分で活動しなければ」その普通でさえも手に入りにくくなった時代になったことを意味しているのです。この状況を、社会学の専門用語では、「再帰性の増大」という言葉で語られます。これは、選択肢が広がっていろいろなライフスタイルを送ることができる可能性は広がったが、逆に今まで通りの普通の生活を送れる保証もなくなったことを意味します。

それは、普通の生活しか許されない代わりにそれが保証されていた時代は終わったということです(もっと知りたい人は、アンソニl・ギデンズやウルリッヒ・ベック、ジグムント・パウマンなどの社会学者の著作、もしくは、わたしの『希望格差社会』(筑摩書房)をお読みください)。選択股が少ない日本もう一つ、「O活」という言葉がたくさんつくられ流行した理由があります。それは、人生のイベントの選択肢が少ない、正しくは、中間的な選択肢が日本ではなかなか認められないということです。

たとえば、男女で一緒に暮らす、もしくは、子どもを育てるのに、欧米では、「同棲」や「未婚で子どもを育てる」という選択肢があります。結婚しなくてもかまわないのです。

そして、フランスや北欧では、多くの若者がまず、同棲してある程度経ってから、結婚をします。しないまま子どもを生み育てることも一般的です。

これからの就職、結婚、退職を見据えた生命保険のあり方

パプルがはじけ、失われた却年も過ぎてくると、さすがに「保険は安心料」では納得できない人が増えてきたのである。それは、ちょうど団塊の世代の人たちが、高度成長期に契約した生命保険の支払期間を終え、退職時期を迎えたタイミングにほぼ一致する。

60歳の定年退職時に生命保険の支払いを終え、そのあとに、病気やけがで亡くなった人の遺族が、思っていたよりもはるかに少ない死亡保険金しかもらえないことにクレームをそもそも本当にあなたには生命保険が必要なのか?付ける事態が急増したのだ。

定期付終身保険だと、家族は5000万円の死亡保険金が、てっきり一生出るものだと思っていたところ、実際に受け取ったのはわずかに200万円だけ。大きな保険金の特約は、すべて保険料支払い終了時で消滅し、終身保険は200万円だけという契約になっていることなど、全く知らなかったという人が非常に多いのである。

しかも、その200万円を受け取るために、それまで支払ってきた保険料の総額は1000万円を超えているとなれば、「安心料だから仕方がない」と割り切れない人が出てきても当然である。

ここに面白いデータがある。生命保険文化センターのデー夕、だが、日本では、世帯主にかけられた保険金の平均は2009年のデータで約1768万円。1997年には約2732万円だったことに比べると、かなり減少はしているものの、それでもつい5年前までは2000万円を超えていたのだ。

しかしそれに対し、実際に支払われた保険金の平均額はわずか173万円でしかない。かけた保険金の10分の1しか支払われない理由は、先ほどの定期付終身保険だ。

多くの人は先に書いたように、定年前後のタイミングで保険料を支払い終わって、大きな保険金の付いた特約がすべて消滅したあとで、少ない死亡保険金をもらうからである。要するに、定年前に人が死ぬ確率など、極めて低いのである。生命保険に加入できる健康な人が、60歳前に亡くなる確率は、おおむね5%前後だといわれる。

つまり100人中何人の人は、自分の葬式代にもならないほどの死亡保険金を人生の最後に受け取るために、せっせと1000万円をはるかに超える保険料を払い続け、これまで保険会社を儲けさせてきたわけである。もう高度成長期のような世の中には戻らない。不景気で給料は下がるし、退職金はもらえるかどうかも怪しい。年金は65歳にならないともらえないし、その金額も減るかもしれない。

それに加えて生命保険金の不払い問題や公的年金のずさんな管理、少子高齢化に歯止めがかからない先行きの不安に、医療費自己負担増、増え続ける日本の債務に、TPP、地震や原子力発電の問題等々、将来に対する不安は、以前とは比較にならないほど大きい現代社会。

こんな世の中で、どうして「安心料」などというわけのわからない言葉1つで、自分を納得させられるものか。そんな人たちが今、顕在化してきでいるのである。この失われた20年の聞に、時代背景が180度方向転換してしまったにもかかわらず、生命保険は、その内容も販売方法も旧態依然のまま生まれ変われないでいる。

そして相変わらず、漠然とした「安心」のための対価として、ものすごい高額商品を、「超長期ローン」で購入する人があとを絶たないし、相変わらず当時と同じ手口で生命保険会社は保険を売っているのである。いや、もっといえば、保険会社の販売の手口は、以前より巧妙に、消費者に不安を植え付けようとする。コンサルティング販売などといって、より論理的に保険を買いたくなるように仕向けてくる。

少子高齢化の先行き不透明な時代、しかも震災や放射能による環境汚染なども相まって、保険会社は消費者に不安をイメージさせやすくなっている。

ここでまた、保険会社の都合に任せて、高度成長期と同じように生命保険に入るのではなく、今こそ自らが積極的に生命保険に対時し、自らの価値観で生命保険を上手に利用する時代へと進化する時である。消費者がきちんと保険の必要性や、保険に対する自分のスタンスを見極めることが、保険会社を進化させる圧力になるのである。保険相談ランキングは保険選びの助けになります。

結婚するためにロールモデルがいなければビジョンが見えない

それまで私が結婚について否定的な想いを抱いていたのは、いいなと思えるロールモデルを見たことがなかったからでした。思えば、どんなことでも、こうなりたいと思えるモデルに出会ったことがなければ、なりたい姿をイメージすることはできませんそれは結婚においても当然です。

私はそのモデルを見たことで、結婚するならこういうカップルになろうと具体的にイメージすることができるようになったのです。実際に結婚したいと思ったのも、この相手とだったら、自分が描いていたような結婚が実現するに違いないと思えたからです。

目指すべき姿を見つめることができなかったら、恋愛をしょうがなんだろうが、どこに向かえばいいのかわかりません。繰り返しますが、私たちは2介に一組が離婚する国に住んでいます。

右を向いても、左を向いても離婚している人に出会います。本当に多いなと実感します。離婚こそしていなくても、結婚生活に不満を抱いている多くのカップルに出会います。

ファミレスやカフェで耳を澄ませば、女性たちの話し声が聞こえてきます。だんな彼女たちは大きな声で「うちの旦那なんてこうよ」と夫の悪口を言い合って笑っています。

「わたしたち、結婚することになりました!」と若いカップルが言うと、既婚者たちおめでとう。今が一番良い時よ」は決まって言います。「わあ、これは一体どういう意味でしょう?「結婚したら今より良くならない」という意味です。

「なにも知らない今が一番いいんだよ。今のうちだよ、喜んでいられるのは:・」と言っているのです。そんな現実を見て、ますます結婚に希望を失いかけている多くの人たちに出会います。ですから、人々は良いロールモデルを見る必要があります。

結婚に対して前向きで希望が持てるようなメッセージを発する模範に。だからこそ、私は心に決めたのでした。自分たちを見て、人々が「結婚したいな」と思えるカップルになりたいと。これが私たち夫婦がスタートしたときの目標です。

そして、幸い、今は多くのカップルが言ってくれます。「マレさんと久美子さんのようになることが目標です」と。私たち夫婦にとって、これほど大きな喜びはありません。まさにそれを目指してスター卜したのですから。

■お父さんじゃないの?私も、結婚という響きによい意味を見いだせずに育った一人です。それは、元を正せば、小学生の頃の幼なじみの一言から始まりました。

私たちは学校の同じクラスで、まるで兄弟のようにして育った文字通り「親友」と呼べる関係でしょう。親友の彼には私の父よりもずっと若く、優しくて冗談ばかり言って人を笑わせているお父さんがいて、みんなそのお父さんのことを「げんちゃん」と呼んでいました。

私はげんちゃんのことが大好きでした。いつものように学校帰りに私は彼の家に泊まりに行きました。それは、実のところ、げんちゃんとトランプをやったり、手品を見せて貰ったりするのをある日のこと、楽しみにしていたからでした。

ところがその日に限って、げんちゃんが帰ってこないのです。いつもは私たちが寝る時間になる噴までには帰宅していたのに、待てど暮らせど帰ってきません。そこで、私は親友に聞いてみることにしました。

「今日はげんちゃん遅いね」すると彼が答えました。「今日はこないよ」「こない?それってどういう意味?」「家に帰ってる」「え?何それ?」私は彼の答えが理解できずに食い下がりました。「家に帰ってるんだよ」「だって、ここが家じゃないの?」「違うよ。

別のところに家があるんだ」「何それ?」「他に家があるし、子供もいるんだよ」「なんで?げんちゃんはお父さんでしょ?」それまで私が一度もきいたことのない言葉を口にしたのです。「違うよ。げんちゃんは愛人だよ」

ツヴァイとパートーエージェントの結婚相談所比較

結婚が成功するかどうかはあなたの態度で決まる

誰もがみな、ある一定の年齢を迎えると結婚について思いを巡らします。

結婚について良いイメージを持っていようがいまいが、ある年齢に達すると「この先ずっと一人で生きていくのかな……そんなの嫌だな……」と思うようになるのです。

その証拠に、折からの婚活プームにのって、それまでは結婚について積極的ではなかった多くの女性たちが、こぞって婚活に精を出しています。しかし、一つはっきりしていることがあります。

それは、結婚が成功するかどうかは、今のあなたの態度によって決まるということ人は結婚に対して、二つの態度をとることができます。「願っているとおりの素晴らしい結婚生活は実現する」と信じる積極的で前向きな態度と、「どうせ期待していることは実現しない」という消極的な態度の二つです。

この態度の違いが、その後の全てを決めてしまいます。人の行動は態度によって影響を受けます。態度が間違っていたら、良い結果を期待することも間違っています。

良い結果とは、それを得ることができる態度をもって事に当たった結果なのです。繰り返すようですが、誰もがいつかは結婚について思いを馳せる時がきます。

結婚なんて……と悲観している人でも、一人で生きていくことを考えるよりは、誰かと生きていきたいと思うのですから。けれども、あなたが、結婚について積極的で前向きな感情を抱いていなければ、いくらそれに着手したところで、あなたが手にする結果は目に見えています。ですから私は願うのです。

あなたが、結婚についての良いイメージを持ち、自分の第一章結婚するってこんなに素晴らしいこと人生に素晴らしい結婚生活が実現すると積極的な期待を持つことを。

もちろん私は、非現実的でメルヘンチックな世界にあなたを誘おうとしているのではありません。前述したとおり、憧れだけで結婚することなど良いと思っていません。それでも私は言いましょう。まずはあなたの心を、夢から覚める前の純粋な期待で一杯に満たしなさいと。そこから始めるのです。

■「結婚の何がいいの?」

こういうことを言う人は、残念ながら結婚がいいとは思えない現実を見てきたか、あるいは自分自身で、そう思わざるを得ない結婚生活を体験してきたかどちらかだと思います。

それまで自分が見てきた、あるいは体験してきた結婚生活の実質がどのようなものであったかが、私たちの結婚観をつくっています。これは当然のことですよね。

私たちが目撃する最初の結婚は両親です。両親の関係がどうであったかは、私たちの結婚についての考え方に大きく影響しています。つい先日も初代の女性がこんなことを言っていました。ひど「私の両親は仲が悪かったんです。父の言葉の暴力が酷くて、母はいつも精神的に追い詰められていて、母にとっては私だけが、愚痴を言える相手だったんです。母は毎日のように『結婚なんでするもんじゃない』と言い続けたんです」彼女は大好きな彼からプロポーズされた直後でした。それなのに、彼女は単純に喜べず、自分が結婚に対して恐れを抱いている事実と直面することになってしまったのです。「彼は申し分なく素敵な男性なんですけど、私が決断できないんです。これは私自身の問題です・・・」彼女はそう言いました。それは、彼女が見てきた両親の姿、そして傷ついた母親から語られ続けた言葉による影響でした。

結婚相談所 IBJパートーエージェント

婚活リスト

婚活リスト

コミュニケーション

無料の自己啓発から定番の結婚相談所までを紹介

種類 説明
結婚相談所 入会金や月額費など数万円単位の出費がありますが、条件に合う異性とすぐに出逢える効率性がメリットです。時間をかけずに「好みのタイプと出逢いたい」人は、会員数の多いオーネット(O-net)ツヴァイ(ZWEI)のような大手の結婚相談所を選びましょう。
結婚情報
サービス
マッチ・ドットコムやピュアアイ(pure-i)など相談員が付かない代わりに、月額3,000~5,000円前後で理想の異性を検索ができるシステムです。出会い系とは違い、結婚したい人が会員になっていて、本人確認は必須、登録条件もありといった高い安全性で選ばれています。
婚活パーティー 運営会社が主催するイベントを楽しみながら、異性との交流を深めるパーティーです。結婚相談所よりも制限がないですが、条件設定を設けることが多いです。気軽なカップリングパーティーで詳しく紹介しています。
お見合い 両親や親戚、知人が紹介してくれる人なので、信頼性で一歩抜き出ており、安心感があります。相手の学歴、職歴、趣味、家族構成も生の声で伝わります。お見合いについてはお見合いで成功する婚活でも紹介中です。
合コン 実は合コンは婚活に向いていません。30代を過ぎてから合コンに出席しても、恋人ではなく結婚相手を探しているためか、ハードルを高く設定してしまい、ピンと来る人に出逢わなくなります。相手も結婚願望があるかわからないことも、合コンが婚活に向いていない理由です。
街コン 同性2名以上で参加をし、地域で決められた複数のレストランや居酒屋を回るタイプの大規模な合コンです。参加証があれば、制限時間内に定額料金で好きな店舗で飲食ができます。家が近くて話題が弾み安く、地域活性化にもつながるために全国各地で取り組まれています。
料理婚活 男女一緒に協力して料理を作り、一緒に食事をするイベントです。体験談を料理婚活は料理教室で合コンに掲載していますが、パーティーではあまり知ることができないであろう飾らない性格が読み取れたりします。
婚活バー 結婚相手を探す男女が集るバーで「シングルスバー」とも呼ばれています。会員制であり、遊び目的で来る人や出会い系のようなサクラもいません。お酒を交わしながら交流を深めていく大人の婚活です。
自己分析 現在の自分が長所と短所を就職活動のときのように、自己分析します。今の自分を客観的に把握して、自信を持てる箇所や欠点を自覚すると、異性にアピールする時に自然な振る舞いができるようになります。
自己啓発 外見と中身を磨くことも婚活の1つです。初対面での挨拶の仕方や会話に自信がない人は、モテるための話し方教室に通うくらいです。結婚できる人とできない人の違いは努力の差だったりもします。

婚活の用語辞典

婚活の用語辞典

婚活の用語辞典

結婚の関連用語がまるわかり

結婚するために婚活中の方が知っておいて損をしない用語を紹介します。

単語リスト 単語例
あ行   アッシャー、アテンダー、アトリウム、ウェルカムボード…
か行   介添え、ガセポ、ガータートス、カリグラフィ、月下氷人…
さ行 サムシングブルー、三三九度、シビルウェディング…
た・な行 ティアラ、テーブルサービスギフト、チュール、ドラジェ…
は行 ハウスウェディング、バージンロード、初穂料、引菓子…
ま・や行 マリッジブルー、マリッジリング、持ち込み料、結納…
ら・わ行 ライスシャワー、リゾートウェディング、リングピロー、六輝…

また、辞典には個人的な意見を含んでいる場合があります。情報は随時更新しており、できる限り正確性を保つようにしています。

婚活の知識を勉強する

自分が結婚できない理由を女性はこのように分析する傾向があります。

「職場に理想の男性がいないし、友達の紹介もピンと来ない」
「好みと思った人にはもう相手がいる。いなくても振り向いてくれない」
「現在、付き合っている恋人はいるけど、結婚に踏み切れない」

男性は男性で結婚の手順、婚活をすべきなのかもわからない方もいます。

「高望みしては交際を断られる。結婚に妥協が必要か迷う」
「意中の女性に声をかけられないので、何も進展しない」
「結婚するイメージができない。離婚をする人も増えてきた」

婚活は質の高い出会いの数を増やすことが中心ですが、出会いが多ければ結婚できるとは限りません。

結婚するための自分磨きも一緒に進めていくのが婚活です。

女性は結婚相手に対する要求水準の高さが障壁になり、自分自身との格差もあります。女性は選り好みし過ぎず、見た目を磨き、昔ながらでも料理や裁縫のような特技をアピールできるようにします。

男性は女性よりも自分を磨かなくてはいけません。経済力とコミュニケーション力が格差につながっている今、技術力から仕事力につなげ、さらに清潔感が溢れる男性になりたいものです。

自分磨きをしながら、恋愛と結婚の知識をつけ、実践していく行動力が婚活を充実させる手段になります。

オーネットで結婚・恋愛力を無料診断! 真面目な出逢いはマッチ・ドットコム!